「お世辞にも美人とは言えないあの子がなぜ? どうして私じゃないの・・・」。

そう思って悔しさに唇をかみしめたことがある方、今回はその問いに対するヒントをお答えします。

美人を出し抜いているように見えるモテ女子はいったいどのような工夫をしているのでしょうか。

今回はこっそり取り入れている工夫を4つ、ヒントとしてお伝えします。

工夫1:最先端のワンポイントを取り入れる

メイクの技術はかなり進化していますので、容姿という意味ですと、男性から見て明らかな差異というのはなかなかつきづらい傾向にあります。

もちろん自分に合ったメイクを研究するという最低限のところはクリアした上で、モテ女子はこっそりと「ワンポイント」を仕込みます。

例えば、ファッションの最先端の人たちがつけているちょっとしたものを取り入れるなど。気づいてもらえるようなワンポイント、そして、

気づいてもらえた時に話題を独占でき、男性に印象付けられるようなワンポイント研究にモテ女子は努力を惜しみません。

お洒落以外にも話題のお菓子、話題のゲームなど、モテ女子は自分自身が得意な分野の第一線の情報を入手し、それを取り込んで、自分の魅力にすることをしています。

工夫2:思い込みを逆手に取った行動を取る

男性にとって美人の魅力の1つは、「自分の勲章になる」という対他人向けのプライドを満たすことができるという点です。

一方、「高嶺の花」ということでそもそもアプローチすること自体を諦めてしまったり、「プライドが高い」と毛嫌いされてしまうというマイナスの側面もあります。

美人が本当にそういう傾向にあるのかは置いておいて、モテ女子はこういった男性の思い込みを上手く活用していく工夫をします。

たとえば、ずっと相手の男性のお話しを終始関心があるように熱心に聞いたり、「そんなに美人じゃないし」とあえて自らネタになってみたりと

男性と心の距離を縮めやすいような振る舞いをしていきます。

モテ女子は、デートの断り方も心得ていますので、男性のしょうもない下ネタやデートのお誘いも、上手く裁いていきます。結果「非常に良い印象」

を多数の男性に残すことに成功しています。

工夫3:誰から情報を入れるのかをコントロールする

たとえば、合コンやパーティーで会ったばかりの人から「お勧めだよ」と言われた場合と、気心が知れている友人から「お勧めだよ」と言われた場合、

あなたはどちらがより魅力を感じたり、信頼したりするでしょうか?

モテ女子は、自分のことを、気になる男性だけにアピールするということはしません。その男性が信頼している仲間や競い合っている他の男性に

「素晴らしい女子」と評価されるように行動します。そうすることで、間接的に気になる男性に結果的には評判がつながり、そして、その方が

モテ女子としての価値が高まることを知っているからです。

工夫4:夢を見せる

美人は確かに男性は一緒に歩いていたり、パーティーに参加したときに気分が良いかもしれません。

一方で、恋人に求めることはそれだけではありません。家と同じで、付き合ったらこういう形になるんだなというイメージを強く沸かせた方が

男性の親近感や恋愛のためにエネルギーを使うモチベーションにつながりやすくなります。

モテ女子はこのことを良く理解しており、会話の中でも、デート含めて一緒に行ったらどういうことを2人でするのかをちりばめていきます。

恋人としての具体的なイメージを持ってもらうため、相手の男性の恋愛のイメージを聞き出して、夢を見せるような話題を会話に散りばめていくことで、

結果としてモテ女子は数々の美人のライバルに比べて、恋人に近くなっていきます。

 

さて、今回のヒントは、いかがでしたでしょうか?

美人の基準はもちろんお相手の男性によって十人十色でしょう。

そういう意味で、美人か美人ではないかはあまり考えても仕方ありません。

むしろ今回のヒントを参考に、彼を振り向かせるための工夫を取り入れていくことが、恋を成就させるためにはとても大切です。(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)