シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

眉毛を抜くと生えなくなる?眉毛の正しい抜き方は……ポイント5つ

1:眉毛を抜くとくしゃみが出るって本当?

「眉毛を抜くと、くしゃみが出る」なんて話もあります。

しかし「眉毛を抜いたら、どんな人でも必ずくしゃみが出る」というわけでは、ありません。そうなる人もいれば、抜いてもなんともならない人もいて、このあたりは「個人差が大きい」のでしょう。

 

2:眉毛を抜くのが痛い、抜くと生えてこない…正しい抜き方は?5選

デメリットはあるものの、メリットだけを考えれば、眉毛を整えるときには抜いてしまうのが一番。最も美しく仕上げる方法であるのは間違いありません。

しかし抜くのが痛かったり、抜くと生えてこなかったりといったお悩みにぶち当たりやすいパーツでもあります。

そこで、お肌や毛根への負担を、なるべく減らせる抜き方をご紹介します。

(1)メイクをしていない状態で抜く

メイクをしている状態で眉毛を抜いてしまうと、抜いた直後の開いた毛穴にファンデーションが入ってしまう可能性もあります。

また、メイクの油分によって滑りやすくなっているので、滑ってしまい上手に抜けなくなる原因にもなりかねません。

ですので、抜くときには必ずメイクを落とした状態で行いましょう。

(2)蒸しタオルなどで温め、毛穴を開いておく

毛穴が縮こまっているところに、いきなり毛抜きを使って眉毛を抜こうとすると、毛根を傷つけやすかったり、痛みを感じやすかったりしがちです。

ですので、抜く前に眉毛付近を温めておくことも大事。

毛根を緩め、抜いても痛みを感じにくくしておくといいでしょう。

(3)まっすぐに抜く

眉毛を抜くときに、毛や毛根、肌に不自然な力が加わると、抜けにくくなる上に、毛根を傷つけやすくなります。

痛みが増すこともあるため、抜くときにはなるべく負担を減らせるよう、まっすぐに抜くのも大事です。

(4)目元の皮膚を抑えながら抜く

眉毛を抜くときには、眉毛が生えている皮膚を優しく押さえながら抜くと、皮膚が引っ張られにくくなり、美しく抜けやすくなります。

ギュッと押さえてしまうと、肌への刺激が強くなるので、優しく押さえてください。

(5)抜いたあとにはしっかり保湿ケアをする

眉毛を抜いたら抜きっぱなしにすると、お肌への負担が大きくなります。

抜いたあとには、しっかりと保湿のお手入れをしておきましょう。

毛を抜いているため、他パーツのムダ毛処理同様に、それなりにお肌に負担がかかっていますから、乾燥も引き起こしやすい状態です。

化粧水や美容液で、優しく肌を整えてあげましょう。

 

3:眉毛を抜く癖を直したい…原因と対策3つ

ところで「いつも気づくと、眉毛を抜いちゃう……」という人や、「眉毛を抜くと安心するから、無意識で抜いちゃう!なんとかやめたい」と思っている人もいますよね。

これは、深刻化すると「抜毛症」と呼ばれる症状である可能性も……!

ですので、深刻になる前に、できるだけ自分で対策をとっておきたいところです。

そこで、眉毛を抜く癖の原因と対策を3つお届けします。

(1)ストレスで抜いてしまう場合は…

気づくと眉毛を抜いちゃうのには、ストレスが関係しているかもしれません。

ストレスによって眉毛を抜いちゃう人は、眉毛を抜くと安心感や達成感が得られるので気づくと抜いてしまうというわけです。

対策としては、とにかくストレスを軽減させることに尽きます。

ストレスが減れば、自然と眉毛を抜かなくなる可能性も高いです。

(2)暇だから抜いてしまう場合は…

ストレスを感じていないのに眉毛を無意識に抜いてしまうのには、「暇だから」が原因なケースもあります。

なんとなく手持ち無沙汰になってしまい、手っ取り早く手を動かそうと思って、無意識にでも眉毛に手が伸び、抜いてしまう……という悪循環ですね。

暇が原因で眉を抜いている場合は、とにかく「暇な時間をなくすこと」が最大の対策に繋がります。手持ち無沙汰なときにやる別の癖を見つけましょう。

(3)抜いたときの快感がやめられない場合には…

眉毛を抜くと「快感!」という人ほど、その快感に病みつきになって、気づくと眉毛を抜きたくなってしまうこともあります。

人間って「気持ちいい」と思うことをやめるのはなかなか難しい生き物。意識してやめようと思っても、困難を極めがち。

この場合、簡単には眉毛が抜けないように眉コート剤を使って、無意識に触っても抜きにくい状態をつくってみてください。

 

4:「眉毛を抜く」はデメリットもたくさん!

ところで、眉毛を「抜かないに、越したことはない」とも言えます。

眉毛を抜くと、それだけ肌や毛根に負担がかかってしまうため、自然に生えている眉毛をそのまま活かせれば、それがベストです。

しかし「私は、生えてきてほしくないところにばかり生えてくる!」や「毛が濃すぎるから、抜かないとボウボウになっちゃう……」などの事情によって、やむを得ず眉毛を抜く人もいるのが実情。

そんなときには、なるべく毛や毛根、肌に負担をかけない方法を選んでみてくださいね。