1:眉のカラーリングは市販品で?それともサロンで?

眉のカラーリングを手っ取り早く行うなら、眉マスカラが便利。しかし、眉マスカラの使用率についてアンケートを行ったところ、下記のような結果になりました。

Q:眉マスカラを使っていますか?

使っている・・・17.1%

使っていない・・・82.9%

410名のうち眉マスカラを使用している人はわずか17.1%と、全体の2割もいませんでした。眉のカラーリングといえば、眉マスカラの他にも脱色やヘアサロンでのカラーリングがありますよね。

眉マスカラを使用していないと答えた8割以上の人の中には、こうしたマスカラ以外の方法でカラーリングを行なっていることも考えられます。

 

2:眉染めはエピラット?色番も!眉カラーの市販品おすすめベスト7

眉マスカラは、気分に合わせてすぐに眉色を変えられる便利なアイテム。しかし、眉1本1本をカラーでコーティングする眉マスカラにどうしても違和感を感じたり、黒く太い毛質の人は眉マスカラをつけるとかえって不自然になることも(筆者もこのタイプです)。

そこで、「眉染め」やボディ用の「脱色剤」を使って眉自体を明るく染め、毎日のメイクの手間を省いているという人もいます。実は筆者は、セフル眉染め歴10年以上! 実際に筆者が10年以上使用して見つけた、脱色剤の銘柄とその使用感、さらにネットで話題のものなども含めてご紹介します。

(1)クラシエ エピラット 脱色クリーム スピーディ

筆者が長年愛用しているのが、脱色や脱毛クリームで有名な『エピラット』の脱色クリーム。なかでもこの「スピーディ」タイプは、わずか5分で眉をしっかり脱色できます。

他社の製品は、小分けタイプの1回使い切り。本来、腕や脚の脱色に使うアイテムなので、使い切りタイプの分量は眉に使うには多く、残った分は捨てるしかありません。でもエピラットはチューブタイプで、2つのクリームを使う直前に混ぜ合わせる仕組みなので、必要な分量だけ使えてコスパ抜群です。

(2)クラシエ エピラット 脱色クリーム

筆者が以前使用していたのが、こちらの通常タイプ。脱色時間が10分なので、スピーディータイプよりもゆるやかに眉を脱色してくれます。匂いがマイルドなので、脱色剤独特の匂いが苦手な方はこちらがおすすめ。

(3)クラシエ エピラット 脱色クリーム敏感肌用

アンモニアフリーのこちらは、敏感肌用の低刺激タイプ。通常タイプやスピーディータイプでお肌がピリピリする場合は、こちらを試してみてはいかがでしょうか? 通常タイプと同じく、こちらも脱色時間は10分です。

(4)資生堂 ディベール 脱色剤(スピーディータイプ)L

年季の入ったパッケージの本製品、1992年発売からずっと売れ続けているロングセラーの脱色剤です。5分で脱色が完了するスピーディータイプ。個人的な使用感としては、エピラットよりこちらの方がやや脱色効果がゆるやかで、匂いは少々強めです。

(5)資生堂 ディベール 脱色剤(無臭タイプ)

脱色時間が10分のこちらは、スピーディータイプと比べてややマイルドな効果の商品。ディベールの短所である“強い匂い”が軽減されているのと、塗布時にヒヤッとしない温感タイプが特徴です。

(6)JOLEN

ネットの口コミなどで人気なのが、海外製の脱色クリーム『JOLEN』。眉毛の脱色で使用する人が多く、口コミサイトでも高い評価を得ている商品です。

日本製のものは、ほとんどがクリームタイプなのに比べ、『JOLEN』はクリームとパウダーを混ぜて使う仕組み。脱毛時間は10分程度です。他の商品と比べて少し値段はお高めです。

(7)柳屋本店 メンズボディ むだ毛脱色クリーム N

男性で眉カラーをしたいけれど、女性用の脱色剤を買うのはちょっと……という方に、男性用に作られたむだ毛脱色クリームはいかがでしょうか? 脱毛時間は10分程度。男性用ですが、保湿成分のスクワラン配合で、お肌へのダメージもきちんと考えられています。

公式サイトでは「眉に使うのはNG」使用は自己責任で!

ネットの口コミやSNSでは、ボディ用脱色剤を眉毛に使用している人も多いものですが、あくまでもこれらの商品の主な使用箇所は腕や脚などのボディ用。

実際に、『エピラット』や『メンズボディムダ毛クリーム』の公式HPには「目に入る恐れがあるため顔(眉・まつげ・顔面)には使用できません」という趣旨の注意書きが書かれています。メーカーが推奨している使用方法ではないため、使う際には十分ご注意を!

染まり具合には個人差もあるため、染めすぎや色の抜けすぎなど失敗の恐れもあります。きちんと眉を染めたいなら、美容室や眉毛専門サロンでプロに眉染めをしてもらう方が安心・確実です。

 

3:眉カラー人気2位はヘビーローテーションの『カラーリングアイブロウR』 1位は?眉マスカラランキングTOP5

Q:眉マスカラをどのくらいの頻度で使っていますか?

ほぼ毎日・・・58.6%

ときどき(週1回、月2~3回など)・・・38.6%

ほとんど使わない・・・2.9%

眉を染めるほどではないけれど、少しだけ色を変えたい、メイクによって眉の色を使い分けたいなら、やっぱり眉マスカラがベスト。「眉マスカラを使っている」と回答した方のなかで「ほぼ毎日使っている」という人は6割程度となったことから、毎日熱心に使っている眉マスカラユーザーが多いということがわかります。

そこで、眉マスカラを使っている人のなかで、最も支持率が高かった上位5つのブランドをランキング形式でご紹介します。

どこのブランドの眉マスカラを使ってる?人気TOP5

1位 ケイト・・・32.9%

最も使用率が高かったのは、「ケイト」の『3Dアイブロウカラー』。

プチプラ眉マスカラの先駆け的なイメージもあり、根強いファンも多いよう。ジェルマスカラが新作で登場するなど、今後もケイトのアイブロウアイテムは要チェック!

2位 ヘビーローテーション・・・24.3%

数ある眉マスカラのなかでも、ドラッグストアコスメながら全体の2割以上の人が使用していると答えたのが、アイブロウ専門ブランド「ヘビーローテーション」。

『カラーリングアイブロウR』は、お手頃価格なのにその実力は確か。リピーターが多い商品です。

3位 キャンメイク・・・17.1%

3位になったのは、プチプラコスメの王道「キャンメイク」。『カラーチェンジアイブロウ』はカラーバリエーションが多く、髪やメイクに合わせてカラーを選べるので色違いで数本所持している人も多いですよね。

4位:ヴィセ・・・12.9%

4位には、デパコス並みの高品質アイテムとして人気の「ヴィセ」でした。「ヴィセ」のアイブロウアイテムといえば、『カラーリング アイブロウパウダー』が有名ですが、『カラーリング アイブロウマスカラ』も隠れた人気商品なんです。

5位:インテグレート・・・11.4%

5位には、「インテグレート」の『ニュアンスアイブローマスカラ』がランクイン。絶妙な質感と、染めたような柔らかな色合いで愛用者多数。

 

4:まとめ

眉はメイク全体の印象を大きく変える重要なパーツ。これまで眉メイクをおそろかにしがちだった人や、なんとなくメイクが決まらないとモヤモヤしていた人は、この機会に眉メイクに力を入れてみてはどうでしょうか。