ぱっちりとした二重に憧れ、どうにかメイクで近づけようと努力している奥二重さん、多いのではないでしょうか。

でも、ただアイメイクを濃くするだけでは、逆に目が小さく見えてしまったり、腫れぼったく見えてしまったり……逆効果なこともあるのです。

そこで今回は、『美レンジャー』の過去記事から、奥二重さんにオススメのアイメイクテクをまとめてお伝えします。黒木メイサのような、ぱっちり&クールな印象深い目になれるかも!?

まずはこれ!奥二重アイメイクの基本

過去記事「奥二重さんのお悩み解決!ぱっちりデカ目を叶えるアイメイク術」では、奥二重のメイク悩みを解決するアイメイク方法についてお伝えしています。

濃いめはNG!アイラインは最低限に抑える

奥二重さんがアイラインをがっつりと引いてしまうと、二重幅がアイラインで埋まり、目が小さく腫れぼったく見えるうえにキツイ印象になってしまう原因に。また、メイク中や時間が経ったときにアイラインが上まぶたについてしまうという崩れを引き起すことにもつながります。

目尻の二重幅はなるべく見えていたほうが、抜け感が出て、目もパッチリ大きく見えます。基本は、ラインを引かずまつ毛の間を埋めていくだけにするのがオススメです。

簡単印象チェンジ!アイシャドウはカラーや入れ方を調整

アイラインは濃く太く引くのがNGでも、アイシャドウはいろいろと楽しめるのが奥二重さん。「アイシャドウが映えない」、「塗り方が難しい」と感じる人は、ぜひ次の2つを試してみてくださいね。

1:カラーシャドウを二重幅にON

とても簡単で、かつ奥二重さんだからこそ映えるのがカラーシャドウ。ハッキリした色味でも、視線を外したときにだけチラッとカラーが見えるので、やりすぎ感がなくむしろセクシーな印象になりますよ。

(1)ハイライトカラーをまぶた全体にのせる

(2)カラーシャドウを二重幅にしっかり入れ、下まぶたには同じ色を少しぼかすように入れていく

(3)目頭から涙袋部分にハイライトを入れる

2:縦グラデーションで立体感を出す

二重幅をオーバーしてアイシャドウを塗ると目が重く腫れぼったく見える人は、一色しか見えない横グラデーションよりも、目に奥行きが出る縦グラデーションがオススメです。

(1)ハイライトカラーをまぶた全体にのせる

(2)ミディアムカラーをアイホールと下まぶたにのせる

(3)目尻側から1/3程度まで、アイホールのくぼみに沿ってブラシをあてるようにメインカラーを重ねていく

(4)使用したカラーになじみやすいラメやハイライトを黒目上部分にのせる(今回はゴールドを使用)

(5)目頭から涙袋部分にハイライトを入れる

それじゃぱっちり感ゼロ…奥二重さんのNGアイライン

アイラインの使い方について、もう少し詳しくみていきましょう。過去記事「逆効果です!奥二重さんの“目が小さく見える”アイラインのNG3つ」では、奥二重さんは絶対やってはいけないアイラインのNGポイントをご紹介しています。

上述したように、奥二重さんの場合、全体的にアイラインを太く濃く描いてしまうと、パッチリ目に見えるどころか腫れぼったく、メイク初心者のような仕上がりになってしまいます。

特に目尻だけ二重になっている奥二重さんは、目尻のアイラインを太くしすぎないことが重要です。目尻は太く描きがちですが、太くすると二重幅が見えなくなり、目のパッチリ感が失われてしまいます。

目尻を太く描いた場合と、目尻を細く描いて二重幅を見えるようにした場合を比較してみると、目尻を細くしたほうがクリッとして見えるのがわかるでしょう。

二重幅が細い目頭側、特に黒目の上あたりは、太目に描くようにします。すると、目の上下の幅が大きく見えるので、目にパッチリ感が生まれるのです。

目指すは黒木メイサ!小悪魔風メタリックアイのつくり方

最後はちょっと上級編。過去記事「2位吉高由里子!“奥二重の美人女優”1位のアノ人に近づくメイク技」においてご紹介した、20~40代の女性449名を対象に実施した「奥二重で美人だと思う芸能人は誰ですか?」というアンケートの結果では、黒木メイサが1位に選ばれました。

黒木メイサ風の“メタリックアイ”をつくるには、ラメやパールが入ったアイシャドウで目を立体的に見せ、跳ね上げアイラインで小悪魔風に。アイシャドウはブラウンやグレーのメタリックがオススメとのこと。

その手順を見ていきましょう。

(1)まぶた全体にハイライトカラーをのせる

目の際からまぶた全体、下から上にブラシをジグザグに動かしてハイライトカラーを塗りましょう。

(2)ミディアムカラーをつけたブラシを目尻に置き、ブラシを横にジグザグに動かしてアイホール全体にひろげる

最初にブラシを目尻におくことで、目尻側のアイシャドウが濃くなり目尻に深みがでます。

(3)目尻に締めカラーのブラシを置いて、まぶたの1/3ぐらいまで横方向にジグザグにブラシを動かす

ブラシの動きは(2)と同様ですが、目の際のサイズにあった小さなブラシを選びましょう。

(4)下まぶたには、目尻から黒目まで締めカラーをのせる

(5)(1)のハイライトカラーを涙袋にのせる

(6)黒目の上にグリッターをのせる

目の中央にグリッターをのせることで立体感のある目元が完成します。

(7)まつ毛を持ち上げて、まつ毛の隙間を埋めるようにアイラインを引く

スーッと一気に引くのではなく、点々とまつ毛の隙間を埋めるような感覚で。

(8)上まぶたの目の際にアイラインを引き、目尻から2~3mmほど長く跳ね上げる

まつ毛の隙間を(7)のやり方で埋めた後に、まつ毛の上からもアイラインを引くと、奥二重もくっきり切れ長デカ目になりますよ。

(9)まつ毛をビューラーでしっかりと上げ、まつ毛上下にマスカラを塗る

目元を際立たせるために、チークやリップはニュートラルカラーに徹するのが大切です。また、目元をメタリックにするときは、ファンデーションの仕上がりをあまりツヤツヤにせず、セミマットぐらいに抑えるとバランスがよいでしょう。

奥二重さんにオススメのアイメイクテクをご紹介しました。アイシャドウやアイラインの使い方次第で、デカ目に見せたり、クールに見せたり、印象を変えることができます。ぜひ挑戦してみてくださいね。

【画像】

※ getty images