なぜか「自然消滅」で恋愛が終わってしまうことが多いという女性は、自分にも原因があるのかもしれません。

そこに気づかないままでいると、いつまで経っても状況は改善されないことにもなってしまうでしょう。

そこで今回は「自然消滅カップル」になりやすい原因を紹介します。

自然消滅カップル

「会えないこと」が苦じゃない

忙しかったりスケジュールがなかなか合わなかったりして、会えない日が続いたとき「会いたい会いたい」とわがままを言われまくると、男性はうっとうしいと感じるはず。

とはいえ、会わなくても全然平気だったり会えないことを大して苦に感じないような女性だと、それはそれであまり愛情を感じられないでしょう。

また、会えなくても何も言ってこなかったりしたら、浮気をしたり、他の女性に心移りしたりもしやすくなるかも。

さっぱりとした付き合いがしたい場合でも、多少は会いたがったりもしないと、やはり距離はうまれていくものですよ。

「詮索」を全くしない

束縛や詮索の激しい女性は、男性が最も彼女にはしたくない女性です。

そういう彼女と一緒にいても、息苦しさやきゅうくつさを感じるようになるだけなので、次第に「逃げ出したい」という思いも強くなっていくことでしょう。

でも、詮索を全くしてこない彼女だと、「本当に俺のことが好きなのかな?」なんて気持ちも湧き起こってくるかも。

特に、女性と食事に行ったり遊んだりしたときでも、一切詳しく聞き出そうとしてこなかったりすると自分に愛情がない感じもするので、そのまま他の女性と仲良くなっていったりもしちゃいますよ。

常に「待ちの姿勢」である

自分からはあまり行動を起こさずに、いつもなんでも彼氏任せにしていると、次第に彼氏もうっとうしく感じるようになるもの。

また「俺にあまり興味がないのかな?」なんて不安な気持ちだって芽生えてくることでしょう。

ずっと待ちの姿勢でいると、関係性もなかなか深まらないのでカップルとしての信頼感なども生まれにくいです。

相手もあまり積極的な男性ではなかった場合は、そのまま自然と恋愛が終わっていくことにもなりかねないですよ。

お互いに「忙しすぎる」

自然消滅をしてしまうカップルの最大の原因ともいえるのが、お互いに仕事が忙しすぎるということ。

多忙によるすれ違いによって、結局は一緒にいることが難しくなってしまうのでしょう。
相手の仕事が忙しいと「連絡をするのも邪魔になるかな」と考えたりもするでしょうが、変に気を遣いすぎるとそれが別れへとつながるキッカケにもなりかねません。

仕事終わりに食事だけとか、ランチを一緒に食べるなど、ちょっとの時間でもいいので会う時間を持つようにすると、少なくとも自然消滅は防げるはずですよ。

おわりに

「自然消滅」をしてしまいやすい女性は、恋愛にあまり重きを置いていないような人が多いかもしれません。

ベタベタしすぎるのも良くないですが、恋愛を後回しにしすぎると気づいたら終わっている……なんてことにもなりかねませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)