シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

日本はトップクラス!「国際恋愛からあなたが学べること」3つ

グローバル化が進む日本で、英語を学ぶ人や話せる人が急増しているのもあり、国際恋愛&結婚する人も増えつつあります。外国人の恋人や夫に憧れる人は多いようですが、文化や宗教、習慣が違うだけに苦労が多いのも事実です。

ですが、外国人相手の恋愛だからこそ学べたり、成長できたりする点ってたくさんあります! そこで、海外女子大生向け情報サイト『College Candy』に掲載された記事を参考に、“国際恋愛であなたが成長できる3つのこと”を紹介します。

 

■1:異なるものへのリスペクト

国際恋愛をしたことがある人は、日本で日本人とだけ接して生きてきた人には味わえない、“異なるものへのリスペクト”を経験することができます。

最初は恋人の国や文化だけを尊重する気持ちが、だんだんと、同性愛者など性的嗜好が異なる人や、人種が違う人との相違も受け入れて大切にできるようになるのです。そうやって少しずつ視野が広がり、自分の世界が大きくなっていくのです。

 

■2:いろんな料理を味わって学べちゃう!

交際相手が外国人だと、彼の友人とも仲良くなって、自然と周りの人間関係も国際色豊かになっていくはず。外国人は、自分の手料理を一品持ち寄る、“ポットラック・パーティー”という集まりをよく開きます。

そうすると、様々な国の食べ物やお菓子を口にすることになって、時にはレシピを教えてもらったり、一緒に料理するために再び集まったりするようになることも。美味しい食べ物をつまみながらだと、会話も弾むこと間違いナシです!

 

■3:新しい言語を学んで旅行する機会が増える

外国人の彼との恋愛が真剣に発展していけば、いずれ彼の母国を訪れる機会が訪れるでしょう。彼の家族と少しでもコミュニケーションがとれるように、新しい言語を学ぶ意欲が沸いてくるはずです。

海外旅行って、行きたくてもなかなか実現しないことが多いですが、恋人の祖国へ行く理由があれば、重い腰も上がるはず。そういう機会が増えると、交際相手と別れてしまっても言語力と行動力が身に付いているので、一人でどこへでも行けるようになってしまうのです。

 

日本は食べ物も美味しいし、カスタマーサービスは世界でもトップクラスです。最高に住み心地が良い国ですが、世界は広いのに、日本だけに目を向けていては少しもったいないです。長い人生、一度ぐらいは国際恋愛を経験して、視野を広げるのも悪くないかもしれませんね。

 

【参考】