オンナ目線のキュレーションサイト

悲劇を生まないために…夏デートで気をつけたいこと4つ

海やフェスや花火やバーベキュー! 夏は楽しいことがたくさん! 何かとイベントが多い夏は、意中の彼と距離を縮めるにもぴったり。とはいえ、夏はただじっとしているだけでも汗をかく暑さ……。デート前の準備不足が原因で、悲劇を生むことも。
そこで今回は、夏デートで気をつけたいことをいくつかご紹介! 夏だからこそ、コレを気をつけないと悲劇が生まれてしまうかも!?

夏デートで気をつけること

露出のしすぎに注意…

夏ってじっとしていても暑くて汗をかくから、なるべく布面積の少ないファッションがラクですよね。とはいえ、露出の多い女子を「下品」と思う男子もいます。トップスがオフショルで、ボトムスがショートパンツ(orミニスカ)では、ちょっと露出のしすぎかも。
ハタチ前後の女子ならこのファッションでもアリでしょうが、アラサーがこのファッションはちょっと……。ダメというわけではないけど、露出のしすぎかもしれません。上がオフショルなら、下はふんわりした軽い生地のロングスカートが無難です。

下着が透けないよう、汗ジミができないように…

薄めの生地の服を着ると下着が透けることもありますよね。下着が透けるのって見ている方が恥ずかしいし、男子によっては「隣を歩きたくない」と思ってしまうことも……。薄めの生地の服を着るのなら、透けない工夫は必要です。
また、服の素材や色によっては汗をかいた部分だけ色が変わってしまうことがありますよね。特に、グレーや水色などの淡い色は、汗をかいた部分だけ色が濃くなりやすいので要注意!

紫外線対策はバッチリと! メイクの厚塗りに要注意

紫外線はシミやシワの原因になるので、夏デートをするなら紫外線対策はバッチリと! また、デートだとついつい気合が入ってメイクも濃くなってしまうという女子もいるでしょうが、汗でアイシャドーが崩れてしまったり、マスカラやアイラインが目の下についてパンダみたいなった顔では彼もびっくり……。
メイクが崩れて、顔がドロドロにならないためにも、なるべく夏デートは薄めのメイクがいいかと。

ムダ毛の処理、ニオイ対策もお忘れなく

夏、ノースリーブを着る女子もいるでしょう。海やプールで水着になる女子もいるはず。ムダ毛処理が甘く、脇や足から一本だけチョロっとムダ毛が出ていたら……。男子も言葉にはしないでしょうが、内心引いてしまうだろうし、あなたも恥ずかしいはず。
そんな悲劇を生まないためにも、夏のデート前はムダ毛処理をしっかりと。また、ニオイ対策も重要です。サンダルからプワーンと足のニオイが漂ってくる、汗かいたまま放置したせいで汗くさい(または生乾きっぽい)ニオイでは、ロマンチックなムードになりません。
汗をかくのはしょうがない! しかし、デオドラントシートなどを持ち歩いて、こまめに汗ケアすることを忘れずに。