好きな人と晴れて結ばれ恋人になったからといって、油断していると一気に降格してしまうことも……。

恋の魔法が一気に解けてしまう、そんな行為がいくつかあります。

今回は特に男子が「ガッカリ」してしまう4つのNG行為についてお伝えしたいと思います。

ガッカリ

NG行動1:親や家族の悪口を言う

デートの前に親と喧嘩をしたり、デート中に兄弟・姉妹から率直なメールが届くこともあると思います。

しかし、彼女には、「両親や家族を大切できる」、そんな女性像を抱いている男性も多いので、勢い余って親や家族への愚痴を彼にこぼしてしまうと、文字通り「ガッカリ」して恋が冷めてしまうリスクが高くなります。

基本的に彼に愚痴をこぼすのは、両親や家族以外のことにしましょう。

男性としては、「自分より近い存在に対してどういう接し方をするのか」を冷静にチェックできるので、あなたが思っているよりも、ずっと覚えていますし、細かく観察されています。

NG行動2:過度な露出

男子は彼女になった相手には過度な露出は控えてほしいと思うようになります。

ナンパ含めて別な男性からのアプローチの危険性が高まると考えるためです。ですから、たとえ夏のデートであっても、かなり短い短パン、薄いTシャツだけといったような恰好は控えましょう。

セクシーなあなた自身のプロポーションを彼にしっかり見てほしいと思っているのであれば、プールや海など、環境として露出が目立たないところのデートに誘いましょう。

NG行動2:「生活がだらしない」というイメージを持たせてしまう

男性は、自分の彼女を勲章のようなものだと考えています。いろいろとお友達や場合によっては家族にも誇らしげに紹介したいと感じるでしょう。

にもかかわらず、だらしない生活を送ってしまっている場合は、一気に恋心が冷めてしまいます。

とはいえ、ずっと一緒に生活しているわけでは無いので、「だらしない」という印象を持たれないようにすることが大切だということです(実際はどうであれ)。

毎回夜遅くに食事をしたり、やたら飲み歩いてばかりいたり、体調を崩してしまう期間が続いたり、といったように、男性からみて「この子大丈夫かな?」と思われないようにしましょう。

LINEでご飯の写真ばかりが続いていないかなど、彼から見たあなたのイメージを作っている、情報について見直してみても良いでしょう。

NG行動3:他の男性と連絡を取り合う

男性はかなりやきもちを焼きやすいと考えた方が良いでしょう。

ちょっとあなたが店員のイケメンと話をしているだけで、心の中では不快になってしまう男性も実は多いです。

付き合うまでは、「心の広い余裕のある男」を演じていたとしても、ひとたび自分の彼女になると、独占したいという気持ちが勝ちます。

ですから、極力彼の前では、仕事の関係だけだったとしても、男性への連絡を取る、もしくは、取っていると彼に感じさせてしまうような行為は控えましょう。

LINEも基本的には彼以外の人とは彼の前ではやり取りしない、電話もその場で緊急の要件以外はでないといったように。

NG行為でせっかくの恋が終わらないように!

さて、今回のヒントは、いかがでしたでしょうか?

せっかく恋の戦いに勝利したのに、NG行為で恋が終わってしまっては、苦労が水の泡です。

今回のヒントを参考にしながら、日々の彼への接し方を見直してみてくださいね。(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)