男性とデートをしても、その後から連絡が途切れてしまった……なんて経験はありませんか?

もしかしたらそれ、あなたに原因があるのかもしれません。実は初デートには絶対にやってはいけないNG行動があるんです。

今回は、自分がNG行動をしてしまってないかどうかチェックをしていきましょう。

初デートのNG行動

過去の恋愛について語る

デートの時って、なんとなく過去の恋愛遍歴についての話題になることがありますよね。でもこの時、あまり元カレの話をするのはNG。

もちろん話の内容にもよりますが、何か少しでも未練があるように見えたり元カレを悪者にしているように聞こえてしまうと、その場で即恋愛対象からは外されてしまうでしょう。

もし過去の恋愛について聞かれたとしても、サラッとだけ話して流してしまうのが無難です。

「持論」が強すぎる

初デートの時に「持論」を押し付けてしまうのもNG行動!

持論には色々ありますが、わかりやすいもので言えば「デートでは男性が奢るのが当たり前」という考え方が挙げられます。

ほかにも、デートの誘いや話題の提供、別れた後の連絡は男性側からするものだとか「こうするのが当然」と言った持論がある場合は注意が必要です。

そういったものは全てあなたの中だけの世界であって、世の中の共通ルールではないので一旦捨てましょう!

理想として持っておくのはOKですが、それを押し付けてしまったり相手に察してしまわれると良い印象は与えられません。

デート後すぐに相手のSNSチェック!

初デートで解散後、すぐにFacebookで友達申請を送った経験はありませんか?彼のTwitterを探ったりしたことはありませんか?

LINEなどのメッセージツールとは違い、FacebookやTwitterは自分の過去を探られてしまうツールになるので、初デートをした後すぐに相手から申請がきていたりすると、びっくりしてしまう人は多いです。

一歩間違えばネットストーカー認定されてしまうかもしれません……。

友達申請したいのであれば、一緒にいる時にSNSの話題をふって反応をうかがってみたり、もっと仲良くなってから行動した方が良さそうです。

当てはまるものはありましたか?

初デートで避けたい3つのNG行動、いかがでしたでしょうか。なにか自身に当てはまるものはありましたか?

こういった行動は自分の中では当たり前になっていたり、慣れてしまっていることも多いので、気づけない事かもしれません。

もし何か思い当たることがある場合は、自分の行動を客観的に見つめなおしてみると良いかもしれませんね。

(愛カツ編集部)