シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

寝て終わるなんてもったいない!「有意義な休日」を過ごすポイント

仕事がなく、時間にも心にもゆとりができる休日。平日にできなかったことをやろう! 有意義な休みの日にしよう! なんて考えている人も多いのではないでしょうか? しかし、なんとなく朝寝坊をし、二度寝をしているうちに気がつけば夕方に。
結局「何もせずに休日が終わった……」なんて後悔することも。寝るだけで貴重な休みの日が終わってしまうなんてもったいないですよね。ここでは「有意義な休日」を過ごすポイントをご紹介します。

STEP1: 起きたら必ず着替える

出かける予定のない休みの日は、1日中パジャマで過ごしていませんか?「わざわざ着替えるのは面倒くさい」「どうせ誰も見ていないし」なんてだらだらしている人もいるでしょう。たとえ休日に人と会う予定がなくても、朝起きたらパジャマから着替えるようにしましょう。
着替えることで気持ちが切り替えられ「今日は行ってみたかったカフェにでも行ってみようかな」「せっかくだから美容デーにしよう! 新しい化粧品もみたいな」などとわくわくしてきます。1日中パジャマだと、そういった「行きたい」「食べたい」「買いたい」などの意欲がそがれ、だらけたままで1日が終わってしまいがち。有意義な休日を過ごすためには、ラフな格好でもいいのでパジャマからカジュアルな服装に着替えることが大事なのです。

STEP2: 美味しい朝食を作る

平日は時間がなかなかとれず、食パンを焼いただけのトーストや、おにぎりなど簡単な朝ごはんにしてしまうことも多いのではないでしょうか。休日だからこそ、胸がときめくような朝ごはんを作って食べるチャンスです。
丁寧に作った美味しい朝ごはんを食べると、それだけで休日を丁寧に過ごしている気持ちになります。甘くてふわふわのフレンチトーストや、具沢山のお味噌汁など、心も体も癒されるような朝ごはんで1日を始めましょう。
朝ごはんを作るモチベーションをあげるためには、インスタグラムなどで朝ごはんを検索するのもあり。美味しい朝ごはんを食べれば、1日の活力もみなぎってくるはずです。

STEP3: 午前中にお散歩に出かける

休日の午前中はだらだらと過ごしてしまいがち。だからこそ、午前中に行動を起こすことが大切です。朝食を食べ終わってから二度寝……なんてことになったらもったいないですよね。そこで、朝食を食べた後は平日はなかなかできないお散歩をするのがオススメです。
太陽の光を浴びることで明るい気持ちになり、午後の予定も立てやすくなります。また、体を動かすことは健康にもいいもの。朝ごはんを作るのが面倒な人は、食べてみたかったお洒落な朝ごはんのお店を目指してお散歩するのもいいでしょう。適度な運動と美味しい朝ごはんは有意義な休日には欠かせないポイントです。

番外編: 長時間スマホをいじらない

休みの日は時間をもてあまし、スマホゲームやネットサーフィンなどで1日を終えてしまうことも多いもの。せっかくの休日を布団のなかで過ごし、スマホの画面だけ見て終えるのはもったいないです。休日こそ、意識してスマホをいじる時間を短くしましょう。思い切って、スマホの電源をオフする時間を作ってもいいかもしれませんね。

有意義な休日を送ると、平日もまた頑張ろうと思えるものです。元気ができるような休日の過ごし方をしたいですね!