「喜怒哀楽が激しい」というと、ちょっととっつきにくそうだと思ってしまう人も多いかも? でも、おとなしくて聞き分けのいい女の子よりも、こういったタイプのほうが実はモテるんです。
今回はそんな、喜怒哀楽が激しい女子がモテる理由あるあるをまとめてみました。

喜怒哀楽が激しい女子がモテる理由

思っていることを言ってくれるから助かる

わがままを言わない女の子は、自分の気持ちを隠していることも多いもの。雰囲気で彼に悟ってもらおうとして、拗ねてみたり無視をしたりするわけですが、この態度に困っている男子も多いのが事実。
それに比べ、喜怒哀楽の激しい女子は、顔や態度がすでに考えていることを物語っていることも多く、いちいち思っていることを隠したりもしません。思っていることを言ってくれるから解決方法が見出しやすいのです。

一緒にいるとどんどんスキルのある男になるから

喜怒哀楽の激しい女子は活発な人も多いのが事実。いろんなことにチャレンジする一方で、壁にぶちあることもしばしば。そんな彼女の苦悩する姿を見たり、悩み相談に乗っているうちに、自分自身が経験していなくてもいろいろと学ぶことができるのです。
そのため、一緒にいるだけでどんどんスキルのある男になっていけちゃうというメリットも。

二人の関係を引っ張っていってくれるから

ボス感満載なのも、喜怒哀楽の激しい女子の特徴のひとつ。でも、このボス感に助けられるという男子も多いのです。やりたいことや行きたいところを見つけるのが得意な彼女が、無限に楽しいデートのプランを考えてくれて、当日も素晴らしいデートを実行してくれるというそのスキルにうっとり。

感情を誰よりも共有してくれる

感情表現が人よりも優れている喜怒哀楽の激しい女子。恋人が悲しいときやうれしいときには、恋人以上にその感情を表現することもしばしば。ムカつくことがあって彼女にその話をしたところ、ムカつく相手に敵討ちにでも行こうかというくらい彼女が怒り狂ってくれたおかげて、気持ちが晴れるということもあるのです。
その一方でうれしいことがあったときには、世界中の人にその喜びを伝えることができるくらい一緒に喜んでくれるので、いつもいいニュースは一番に伝えたいと思える相手なのです。

基本ノリがいいから

新しいことや面白そうなことには目がない人も多い、喜怒哀楽の激しい女子たち。恋人からの面白そうなお誘いを断ることはほとんどありません。一人だとちょっと勇気が必要だったり、つまらないということも、彼女を誘えば楽しいことに変わるのです。
恋人としてだけでなく、親友のように付き合うことができるのも、喜怒哀楽の激しい女子たちのいい特徴だったりするのです。