シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

今さら聞けない!オーガニック化粧品の選び方とおすすめブランド

ここ数年、オーガニック化粧品が市場に増えて、使ってみたいなと思う方も多くなってきたのではないでしょうか。

ただ、「肌に優しそう」というイメージばかりが先行して、実際にどのブランドのオーガニック化粧品を使ったら良いのかは迷ってしまうという声もよく聞きます。

オーガニック化粧品

確かに日本はオーガニック化粧品の基準が定かではないという背景があり、迷うのも無理はないでしょう。

そこで今回は、オーガニック化粧品について、おすすめのブランドを交えながらご紹介していきたいと思います。

オーガニック化粧品とは

オーガニックは、直訳すると「有機の」という意味があることから、日本では有機栽培でつくられた植物をひとつでも使った製品を「オーガニック〇〇」と呼んでいます。

有機栽培とは、化学肥料を使わず、遺伝子操作をせずにつくる農法のこと。

日本の場合、オーガニック認定機関としては、農林水産省の有機JAS認定が知られています。しかし、これはあくまで「食品」に対しての認定であり、日本製のオーガニック化粧品には、統一の基準がまだない状態です。

一方、欧米では「ECOCERT(エコサート)」などの有機認定機関があり、それぞれの団体で決められた基準を満たしたものがオーガニック化粧品として認定されています。

オーガニック 原料

また、世界的な動きとして、国際標準化機構(ISO)が天然及び有機化粧品成分の技術的定義や基準の指針を発行したことを受け、日本でも2018年、日本化粧品工業連合会が、これに基づく化粧品の自然及びオーガニックに係る指数表示に関するガイドラインを作成しました。

ただこのガイドラインも、製品が「オーガニック化粧品か否か」を判断するものではなく、あくまで指数計算をするための基準だそうです。

このように、オーガニック化粧品の日本での基準はまだまだ曖昧ですが、一般的には、オーガニックで育まれた自然由来の原料を含み、石油などに由来するケミカルな原料を極力含んでいないものと言われています。

オーガニック化粧品には、自然のエネルギーでたくましく育った植物の恵みが詰まっており、オーガニック化粧品を使ってお手入れすることは、肌が本来持っている美しさを時間をかけて引き出していくことが期待できると言えるでしょう。

オーガニック化粧品の選び方

日本では基準がまだまだ曖昧なオーガニック化粧品ですが、どのようなことに注意して選べば良いのか見ていきましょう。

オーガニック認証を受けているかチェックする

53475687_m1

オーガニックの考えが進んでいる欧米では、オーガニック認証団体が多く存在します。日本のオーガニック化粧品の中にも、このような海外の認証を受けているものがあるので、ひとつの目安として参考にすると良いでしょう。

欧米の代表的なオーガニック団体は下記のようなものがあります。

エコサート

1991年にフランスで設立された、世界でも有名なオーガニック認証。エコサートナチュラル&オーガニックコスメティックについては、完成品の10%以上がオーガニック必須です。

コスメビオ

2002年に設立。エコサート基準を満たし、95%天然由来で石油由来物質使用不可などの基準があります。

ソイルアソシエーション

1946年に設立。肥料や栽培方法まで厳しい基準があります。

ビーディーアイエイチ

2010年設立。自然化粧品の認定団体で、環境保護、フェアトレードの規定を設けています。

成分表示やブランドのこだわりをチェックする

オーガニックコスメ

オーガニック化粧品をうたう商品の中には、欧米のオーガニック認証を受けていないものもたくさんあります。そのブランドごとに注目している植物やこだわりがあるので、パンフレットやホームページでチェックしましょう。

例えば、エイジングケアを取り入れたい人は、肌のエイジングケアを意識した成分が配合されているかをチェックしてみてください。自分に合ったオーガニック化粧品に巡り合うためには、今の自分の肌悩みについて把握しておくことも大切です。

お店の人に聞く

オーガニック化粧品をはじめナチュラルコスメのブランドアイテムを幅広く扱っているお店では、アロマやハーブに詳しい店員さんがいるものです。自分の肌悩みや目指したい肌などを話し、どんなオーガニック化粧品が良いのか相談してみましょう。数あるブランドの中から、自分に合ったオーガニック化粧品を探してくれますよ。

また、サンプルを使ってみて肌に合うかどうか確かめてから購入するのも良いでしょう。

おすすめオーガニック化粧品ブランド

オーガニック化粧品の選び方がわかったところで、気になるのがおすすめのアイテム。

そこで、コスメコンシェルジュである筆者が自信を持っておすすめするオーガニック化粧品をご紹介します。

ドゥーオーガニック

国産オーガニックコスメブランドのパイオニアと言える存在。「自然界に存在する成分で作られている」「天然由来成分95%以上、植物原料中95%以上がオーガニック成分である」「地球環境への負荷が少なく、持続可能である」という世界基準のオーガニック認証で定められた、化粧品の基本原則を満たしているコスメブランドです。

さらに全てのスキンケア製品で、エコサートのナチュラル&オーガニック化粧品の認証を取得しているところもポイント。

ドゥーオーガニック

年齢に応じた肌のお手入れができるという理由から、多くの女性の支持を得ています。手応えの感じられるような、リッチな使い心地も魅力です。

写真の「エンリッチクリームアドバンスト」は、国産米胚芽油や有機アルガンオイル、有機アボカドオイルなど5種の植物オイルを配合。乾燥などの外的ストレスから肌を守り、ハリのあるしっとり肌へ導いてくれます。カモミールの優しい香りにも癒されそうですね。

ハーブファーマシー

英国の農園で生まれた美容バームコスメブランド。植物学博士でもある創始者、ポール・リチャーズのユニークな発想から生まれ、自身の農園で作るハーブを使用した植物美容が、世界のオーガニックファンから絶大な支持を得ています。

マロー

ポール博士が土壌作りからこだわっていることもあり、ソイルアソシエーション(英国土壌協会)の認証を取得。オーガニックハーブをふんだんに使用した、濃厚で香り豊かなバームが人気です。

写真の「マロービューティバーム」は肌に潤いを与え、柔らかくするマーシュマロウとハリを与えるマレイン(モウズイカ)を配合した贅沢なフェイシャルバーム。乾燥と肌荒れを防いで、みずみずしいうるおいで満たします。

ナチュラグラッセ

メイクアイテムに定評のあるオーガニックコスメブランドで、原料は100%天然由来。オーガニック植物のパワー、大地のミネラルの繊細なつやめきで彩るメイクは、肌に優しいスキンケア仕立て。メイクをしているにも関わらず、軽やかで心地良いと人気のブランドです。

ナチュラルグラッセ1ナチュラルグラッセ2

写真は、今年の冬に発売され話題になった「ナチュラグラッセソリッドアイカラー」。まぶたにひと塗りするだけでしっとりとなじみ、目元にツヤと立体感をもたらしてくれるほか、美しく繊細な輝きを演出してくれます。

オーガニック化粧品が肌に合わない場合も

オーガニック化粧品には、ハーブなどの植物由来成分が多く含まれています。人によってはこうした成分が肌に合わない場合もあるため、心配な方は、購入する前にサンプルをもらい、パッチテストなどで自分の肌に合うか確かめることをおすすめします。

またオーガニック化粧品の中には、防腐剤を配合していない商品もあるため、使用期限をよくチェックして使いましょう。「フタを開けてから〇ヶ月以内に使用する」などの目安が記載されているはずです。わからない場合は、お店の人に聞いてみると良いでしょう。

まとめ

毎日使うスキンケアアイテムやメイクアイテムだからこそ、肌に負担をかけたくないもの。

植物のパワーが詰まったオーガニック化粧品を上手に取り入れて、健やかな肌を目指しましょう!

ライター紹介

田辺敦子

コピーライター/コスメコンシェルジュ
雑誌編集・広告制作の経験を活かし、主に美容ブランドの広告や記事執筆に携わる。「女子は笑いからキレイになれる!」がテーマのコラボユニット「SUN SHINE GIRLS」を主宰。NYとLA在住歴あり。

【あわせて読みたい】
▽オーガニックコスメについて詳しく知りたい方はこちらもチェック!
似ているようで違う。ミネラルコスメとオーガニックコスメの違いとは
【NEWオープン】オーガニックアイテムが集結する「Make↗︎Kitchen」に注目!
ハワイの自然の恵みを詰め込んだ、オーガニックブランド3選
乾燥肌ケアに!リピート買いしたくなる、優秀オーガニックコスメ4選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

【参考】
※小西さやか著(2016年)『日本化粧品検定 1級対策テキスト コスメの教科書』主婦の友社
種から肌へ。英国農園で種から作った世界初の美容バームコスメ「ハーブファーマシー」が10周年を迎えリニューアル発売 – PRTIMES

関連記事