片思いの彼に告白するときって、緊張しますよね。どうしたら自分の気持ちが彼に伝わるのか、何度も何度も台詞を考えてしまうもの。男心には、いったいどんな告白の台詞が突き刺さるのか……。気になるところです。
そこで今回は、一生忘れられない告白! 男心に突き刺さった女子の台詞5つを、男子のリアルボイスと共にご紹介したいと思います。

1. 「好きになっちゃいました」

「彼女自身、僕を好きになるとは思ってなかったようで、どこか彼女の戸惑いも含まれていた告白でした。でもそれが逆に、うれしかったです!」(20代/デザイナー)

▽ 恋は突然にやってくると言いますが、彼女にとってはまさに自分でも予期していなかった恋なんでしょうね。戸惑いながら「好き」と伝える女子の姿は、男心をくすぐるかも!

2. 「ごめんなさい。好きです」

「僕に付き合ってる彼女がいることを知ってて告白をしたことを、きっと申し訳なく思って『ごめんなさい』と言ったのだと思います。もちろん、お断りさせて頂きましたが、けなげな姿にぐっときました」(30代/税理士)

▽ 略奪しようとしたわけではなく、ただ純粋に自分の気持ちを伝えたいという思いが伝わるからこそ、胸に突き刺さりますよね……。

3. 「やっぱり、忘れられません」

「昔一度告白されて断った女の子から受けた、二度目の告白の台詞。忘れようと思ったけど忘れられなかったっていう彼女の切実な思いを感じて、すごく胸に刺さりました」(30代/総合職)

▽ 「やっぱり」ということは、きっと、一度目に振られたときは彼を忘れようとしたんでしょうね。それでもやっぱり忘れられなかったという女の子の気持ちが、たった一言でも充分伝わってきます。

4. 「超スキ!」

「友達とみんなで遊んでるとき、笑顔で『超スキ!』って言われたとき、ドキッとしました。なんの心の準備もしてないなかでストレートな台詞はずるい!(笑)」(20代/大学院生)

▽ 女の子の「不意打ち笑顔&告白」って威力すごいですよね! 迷いのない告白は、男子の心を打ち抜くのかもしれません。

5. 「昔から、ずっと好きでした」

「同窓会で久しぶりに会った女子から言われた台詞です。僕自身、昔と比べてだいぶ変わってしまった部分もあるのに、そうした変化も含め、ずっと僕のことを好きでいてくれるというのは、素直にうれしかったですね」(30代/会社経営)

▽ いい意味でも人は変わっていくもの。時には自分でも自分の変化を受け入れられないことがあります。でも、それをすべて受け入れてくれる女子の告白は、心にぐっと突き刺さりますよね。

まとめ

いかがでしたか? 男子が思い出す、心に突き刺さる告白はシンプルな台詞が多め! 片思いの彼に告白するときは、好きになった経緯や彼の好きなところなど、ぐちゃぐちゃと話すよりも、素直な気持ちとわかりやすい台詞のほうが、男心に突き刺さるってことかもしれませんね。