シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

リアルに描かれたディズニーヴィランズの迫力に5度見するレベル! 今にも動き出しそうな表情に注目です


ディズニー映画に欠かせない存在、ヴィランズ。単純に「どうしようもなく悪いやつ」なイメージが強い傾向にある面々ですが、このアートを目にした瞬間ガラッと見る目が変わります。

実写と間違えるレベルのリアルさ!そして、もぉ~ひたすらカッコイイーーッ!! 漂う威厳、自信に満ちた表情。これはプリンス・プリンセス達に挑むのもうなづける~。言わせてください、これまで魅力に気付かなくてごめんなさい。全力でファンになりまーすっ!!

【何か企んでそうな微笑みがクセになります】

この素晴らしいアートを作り上げたのはフィンランドのデザイナー、Jirkaさん。彼のウェブサイトをのぞいてみると広告やロゴなども手掛けており、その中でも目を引くのが「リアルライフディズニーシリーズ」。

白雪姫の継母はじっとこちらを見つめ、「掃除、終わったのかしら」とでも言いたそうな厳しい性格が滲みでています。「101匹わんちゃん」に出てくるクルエラデビルは、今にも高笑いし始めそうなニンマリ笑顔。妖艶悪女な雰囲気がたまりませんっ。

ヴィランズは女性だけでなく男性キャラも描かれているのですが、個人的にグッときたのが「美女と野獣」に登場する、ガストン。隠しきれない分厚い胸板と太い二の腕は思わず触りたくなるナイスバディ感。加えて、根拠のない自信に満ちたヘラっとした微笑みが、いかにもガストンらしいのです。これは町娘達にモテるのわかるよ、ガストン♡

【アナ雪のハンス王子、アースラのもうひとつの顔ヴァネッサもいるよ~】

名だたるヴィランズと一緒に、アナと雪の女王からハンス王子やリトルマーメイドのアースラが変身した姿ヴァネッサもリアル化しているのです。Jirkaさん、なかなかにいいチョイスしてますな~。アナ雪好きとしては「なんであんなやつに心を許すのよぉアナ~」と思って見ていたけど、前言撤回。こんなイケメン、滅多に出会えないもんね。

まじまじと見つめた後は、ヴィランズに注目してディズニー映画を見たくなるアートなのでした。ご紹介したヴィランズ以外にもあの人やこの人がリアルになっています。あなたのお気に入りのヴィランズはいるかしら~?

参照元= Jirka Vinse.comInstagram @jirkavinse
画像=Jirka Vinse , used with permission.
執筆:入江ゆうり(c)Pouch