美人なのに笑ったら残念……歯の健康は、笑い顔の印象を大きく左右するポイントです。今回は、美人を台無しにしてしまう残念な歯とその対策についてまとめてみました。

老けて見える歯の隙間

歯周病が悪化してしまうと広がってしまう歯と歯の隙間。歯の隙間が空いていると笑った時に年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。歯周病の予防や進行を防ぐには、毎日の正しい歯ブラシは不可欠。弱った歯茎を刺激しすぎないよう優しくブラッシングし、歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシで汚れを除去。
歯ブラシ時に出血したり、歯に食べ物が挟まるようになったら歯周病の可能性アリ。一度かかりつけの歯医者さんに診てもらうことをオススメします。

年齢を感じさせる銀歯

口を閉じていたら美人なのに、笑ったら年寄りくさく見えてしまうのは銀歯が原因かも。銀歯が目立つ部分にあると、老けた印象を与え、笑顔の美しさが半減してしまう可能性大。
日本は先進国の中で銀歯率が最も高い国といわれています。銀歯をセラミックに変えれば、歯の治療痕は目立たなくなりますが、問題はその費用。セラミックは10万円前後かかってしまうので、なかなか気軽にセラミックというわけには生きません。
ただ、セラミック以外にもコンポジットレジンやハイブリッドセラミックなど条件によっては保険が適用される場合もあるので要チェック。銀歯がコンプレックスと感じている人は、目立たない被せ物についての素材や費用など、一度かかりつけの歯医者さんに相談してみるのが◎。

笑ったら残念な歯の黄ばみ

笑ったら残念な印象を与えてしまう歯の黄ばみ。歯の黄ばみの原因となる食品はポリフェノールを含む赤ワイン・チョコレート、紅茶やカフェインを含むコーヒー・お茶などが挙げられます。
またタバコやアルコール、コーラなどの炭酸飲料、着色補助食品も歯の黄ばみを作る大きな原因。色素沈着を防ぐには、これらの食品を食べたら食後口をゆすぐことが肝心。

デートが台無し、赤ワインの黒ずみ

レストランデート中に、気になるのが赤ワインによる歯の色素沈着。せっかくロマンチックなデートを過ごしていても、黒ずんだ歯でムードが台無し……なんてことにならないよう、知っておきたいのが、歯の黒ずみを予防法。
色素沈着を予防するのに欠かせないのは、食事やおつまみ。赤ワインを飲んでいる時に食事を摂ることは、歯の掃除にも繋がり、歯の色素沈着を予防することができます。また、赤ワインのおつまみにぴったりのチーズは、むし歯予防に効果的な食べ物としても知られています。その秘密はチーズに含まれる、リン酸やカルシウムなどの栄養分。チーズはよく噛んで食べるとむし歯予防効果がアップするといわれています。

まとめ

女性の美しさをさらにアップさせる歯の健康。美歯を保つために必要なのはブラッシングなど歯を守る習慣です。また、食事中よく噛むことは、唾液の分泌を促進し虫歯や歯周病予防にも効果があります。
さらに定期的な歯科検診も歯の健康には欠かせません。多くの歯科医師が半年に1回の受診を勧めています。