シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ペイントじゃなくてパーツでお花♡華麗な3Dフラワーネイルの世界

お花ネイルといえばペイントで描いたお花がスタンダードですよね。ネイルパーツでもお花の形をしたホログラムやパーツがありますが、自分でパーツを組み合わせて作ったオリジナルのお花ネイルもとっても可愛いですよ。今回は、パーツの組み合わせで作ったお花モチーフがとっても可愛いネイルをいくつかご紹介します。ぜひデザインの参考にしてみてください♪

定番のストーンやホログラムを組み合わせたお花ネイル

CocoRocco (大阪府箕面市)

CocoRocco (大阪府箕面市)

お花ネイルといえば、カラージェルやアクリル絵の具を使ってペイントした手描きアートを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
でも、ネイルアートには沢山のネイルパーツがあります。そんなネイルパーツを組み合わせるだけでも、とても可愛らしいお花ネイルが出来上がるんです♪

普通のネイルアートにもよく使うストーンやホログラムもシンプルだからこそ使い勝手が良く、とても便利です。
ストーンもホログラムもサイズ違いのものを組み合わせると、様々な爪の形にマッチするお花ネイルを作ることができますよ。

MARCH

MARCH

変形パーツを組み合わせたお花ネイルも

Casa-tua (福岡)

Casa-tua (福岡)

ストーンやホログラムのような定番のネイルパーツ以外にも、お花ネイルを作るのにとても便利なネイルパーツは沢山あります。

例えばしずく型のような変形パーツであれば、より簡単にお花らしい形を再現する事が出来ます。
お花の形は真ん中のおしべとめしべの部分に花びらがあれば、お花の形と分かるデザインになります。しずく型の持つ丸みがとても可愛らしいお花を演出してくれます。

最近、様々な形をしたホログラムが出てきていますが、ナツメ型のホログラムもお花の花びらを表現するのにピッタリですね。
こちらはシャープな仕上がりになるので、同じお花ネイルでもまた違った雰囲気が楽しめます。

花びらの形を表現してくれるネイルパーツを使う事で、より簡単に均等で美しいお花ネイルが出来上がります。

Re Pool (東京・世田谷)

Re Pool (東京・世田谷)

トップコートのかけ方でより一体感のある仕上がりに♪

SHIMA (愛知)

SHIMA (愛知)

ネイルパーツを使ったお花ネイルを楽しむのであれば、トップコートのかけ方にも一工夫しましょう。

基本はネイルパーツの輝きや形、凹凸を生かすためにトップコートを分厚くしない方がいいでしょう。でも、表面がツルッとしたネイルを楽しむのであれば凹凸がしっかりあるネイルパーツであっても、トップコートでしっかりと周りをコーティングするといいでしょう。

引っ掛かりがないのはもちろん、トップコートで包むだけでお花をアクアリウムに入れたような雰囲気に。とっても上品な仕上がりが楽しめますよ。

Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事