1:レストランでプロポーズされるなら、どこがいい?

レストランでのプロポースされるとしても、その雰囲気やされ方は様々!

こじんまりとした空間やキャンドルでかこまれたロマンチックな空間、家族や親戚を呼んで行う少しひろめのサプライズ空間など、さまざまです。

なかには、大好きなものを食べながらプロポーズされたい女の子もいるかもしれませんね。

(1)やっぱり個室?それとも周りに他のお客さんがいる前で?

個室で2人っきりのときにプロポーズされたい人も多いでしょう。

2人で積み上げてきた愛なのだから、2人で静かに……なんていうのも、ロマンチックですよね。一方では、周囲に他のお客さんがたくさんいるなかでのプロポーズも話題です。よく、インスタグラムなどのSNSでシェアされているのを見かけます。

こちらは、エンターテイメントに近く、周囲がいることでより盛大なものとなりますよね。

(2)食べる前?食べ終わったあと?

肝心なのは、プロポーズのタイミングです。食べる前にプロポーズを終えてしまえば、そのあとの食事はより幸せな味がするでしょう。

しかし、多いのは食後です。その間、相手の男性は全く食事になんか身が入らないかもしれませんね。また最近は、食後とデザートの間でプロポーズなんていうのもあります。

タイミングは人それぞれ、こればっかりは男性にお任せするしかありません。

 

2:レストランでプロポーズされるなら、何料理が良いですか?

周囲の20代〜30代の女子に筆者が独自でリサーチした結果とともにご紹介します。

5位 中華

「個人的に何よりも中華が好きだから。どうせなら、自分の一番好きなものを食べたい! ホテルの中華がいいです(笑)」(会社員/23歳)

実はあまり人気がなかった中華。やはり雰囲気なんですかね。確かに、独特な匂いや雰囲気が漂ってるなかでのプロポーズは、少し違和感があるのかもしれません。しかし、なかには、大の中華好き女子もいます!

特別な日こそ一番好きなものを食べて幸せになりたい。そんな彼女の希望を叶えてくれる男性だって素敵です。

4位 和食

「料亭みたいな、和の空間でおいしく和食をいただきたい。京都なんかも古風で素敵だと思います」(美容関係/27歳)

和食ってだけで、プロポーズの雰囲気もがっつり和になります。それもそれで趣があっていいですよね。

ただ、和の雰囲気と指輪を渡すときの誓いの言葉をマッチさせるのは、感性が問われてしまいそうです。少し難易度が高いようにも思えますが。

3位 創作料理

「和と洋の創作料理で、ひとつに定めなくていい感じが素敵。ちょっとモダンなレストランでおいしいものを堪能したい!」(会社員/25歳)

なにかと便利な創作料理! 名前からしてモダンな感じを醸し出していますね。まさにおしゃれ空間。

「融合」という意味では、これから家族になる人同士の気持ちと似ている? ちょっと強引ですかね。でもプロポーズの雰囲気としては、和食よりもマッチさせやすそうです。

2位 イタリアン

「フレンチは味が苦手だから、自分がおいしく食べられるイタリアンだと嬉しい。料理の味も楽しみたい!」(ネイリスト/26歳)

イタリアンであれば「全く口に合わない」という日本人は少ないのではないでしょうか。

さらに味だけでなく、イタリアンは豪華で素敵なレストランがたくさんあります! お城のような豪華なところもあれば、森の中にある物語に出てきそうな雰囲気のレストランなど。プロポーズであれば、店のコンセプトや雰囲気にもこだわって欲しいですね。

 1位 フレンチ

「やっぱり特別な日は、店の雰囲気も素敵なフレンチがいい!」(医療系学生/24歳)

食事もお店の雰囲気も洗礼されているイメージが強いフレンチ。清いイメージと繊細で美しいイメージが強いですよね。

例えばですが、お気に入りのドレスをおろして、ヒールをはいて、愛する人と行くフレンチなんて最高です! まるで気分はヨーロッパのお姫さまです。

 

3:女子がプロポーズに使われたら「最高!」だと思う店7選

(1)ブリーズ・オブ・トウキョウ(フレンチ/丸の内)

丸の内ビルディング最上階の36階に構えるおしゃれなダイニングレストラン。

夜景を眺めながら、優雅でロマンチックな食事を楽しむことができます。

フロア内には段差を設けてあり、全ての席から夜景が楽しめるように配慮されているのだとか。料理は、厳選された旬の野菜を使ったコンテンポラリーなフレンジ。

コンセプトの「上質な大人の遊び場」の言葉通り、2人の関係をより深める特別なシーンには、ふさわしいレストランですね。

(2)リストランテマンジャーレ(イタリアン/台場)

レインボーブリッジ、東京タワー、自由の女神……お台場らしい、景色を臨める「リストランテマンジャーレ」。海の眺めを楽しむことができるのがポイントです。

中世イタリアを彷彿とさせる店内にはオープンキッチンが設置され、シェフの見事なパフォーマンスを見ることもできます。さらには、食事後に贅沢にチャペルを貸し切ることができるプロポーズプランもアリ!

(3)ルシェクリ(フレンチ/銀座)

クラシカルな雰囲気の銀座のモダンフレンチレストラン。京橋駅直結というアクセスの良さです。

床から続く店内の大きな窓からは、銀座の街を一望することができ、うっとりするような夜景が目の前に! 美しい景色を楽しみながら、都内の有名レストランで修行を積んだシェフが作る美しいフレンチを楽しむことができます。

ちなみに、こちらのお店もチャペルを併設しています。

(4)ガストロノミー ジョエル・ロブション(フレンチ/恵比寿)

恵比寿ガーデンプレイスに佇む、近世フランスの古城を思わせる石造りの建物。それはまるで、本物のお城のよう。

あのジョエル・ロブション氏が世界中に展開するレストランのなかでも、最高峰ブランドと称されているのがこちらの「ガストロノミー ジョエル・ロブション」です。

店内にある、きらめくバカラのシャンデリアはゴージャスそのもの。最高級レストランらしい洗練された店内はシャンパンゴールドのカラーでまとめられています。

robuchon_tokyoさん(@robuchon_tokyo)がシェアした投稿

(5)シェ・イノ (フレンチ/京橋)

京橋のビジネス街に佇むフレンチレストラン。外の喧騒が嘘のような静かで落ち着いた店内では、時間の流れを忘れてしまうほどの濃い時間を過ごせることでしょう。

スタッフのサービスも抜群で、ゆったりとした気持ちでお食事を楽しめるようです。心のこもったおもてなしが評判の王道フレンチレストランです。

(6)ロオジエ(フレンチ/銀座)

1973年、銀座の資生堂パーラービルに誕生したロオジエ。経営する資生堂の企業理念「美しい生活文化の創造」を食を通じて実現する、がコンセプト。

当時、銀座のシンボルツリーとして親しまれていた「柳」を意味するフランス語“Osier”がその由来になったそうです。

そんな伝統ある雰囲気のなかで、世界からとりよせた最高級の素材はエグゼクティブシェフ・オリヴィエ・シェニョン氏によって、魅力あるフレンチに変身します。

美しいフランス料理に胸がはずませながら、彼と最高の瞬間をむかえたいですね。

(7)アンティカ・オステリア・デル・ポンテ(イタリアン/丸の内)

ミラノにある最上級リストランテ「アンティカ・オステリア・デル・ポンテ」。東京・丸の内に位置するこちらの姉妹店では、ミラノ本店のオーナー兼シェフであるエツィオサンティン氏が監修する本格イタリアンが楽しめます。

もちろん料理だけでなく、その細部までこだわりの行き届いた気品溢れる空間は、最上級の贅沢な時間を演出してくれます。世界中の美食家に愛されるイタリアンを味わいながらのプロポーズは女子の憧れです。

 

4:基本は食べ終わってから?レストランでプロポーズの流れ

ここからは、レストランでのプロポーズの流れを見ていきましょう。

女子も彼からのプロポーズをうけるときに、流れを知っておいた方が何かと良さそう! ということで、どうぞご参考まで。

(1)化粧室に行くフリをして、預けていた花束を受け取り席に戻る

全てはタイミングです。事前に預けておいた花束を何気なく取りに行きます。花束は愛を意味するバラが定番ですが、女性が好きな花を選んだり、花言葉で別の花を選ぶのも個性的で素敵ですね。

ここは、女性が喜ぶ演出をするのが一番です。特に花束をもらう瞬間は女性にとって、忘れられない憧れの瞬間になりますからね。

(2)指輪を渡す

花束と同時に指輪を渡します。たくさん悩み抜いて選んだ指輪でしょう。きっと緊張することでしょう。

こちらも花束同様、女性にとっても一大事です。婚約指輪は人生で一度きりですからね。

(3)誓いの言葉を言う

事前に考えておいた「誓いの言葉」を言うときがきました。ここが何より緊張するポイントでしょう。これまでの愛の大きさ、そしてこれからの愛を短い言葉でまとめるのですから。

どんな言葉でも、彼が彼女のことを想って考えた言葉なら、2人で幸せを共有できることと思います。感極まって涙、なんてこともあるかもしれませんね。

(4)デザートのプレートを出してもらう

最後は、レストランに協力してもらって素敵なデザートプレートを出してもらいます。ここも、事前に自分で確認できているとなお良いでしょう。プロポーズ後のデザートはより甘く感じるかもしれませんね。

あたたかい紅茶とともに愛に溢れたひとときをお過ごしください。

 

5:まとめ

いかがでしたでしょうか? プロポーズ、考えるだけで胸が高まりますね。

ここまでくるのに、本当にたくさんの苦悩だってあったはずです。乗り越えられたのは2人だからこそです。

人生たった1回、特別な幸せをかみしめましょう。