1:「サイゼでデート」を嫌がるな!?

「サイゼリヤに行こうぜ!」と彼から言われると「えー、コスパ重視!?」なんてガッカリしちゃう女子もいるかも?

でも「サイゼでデート」は、実はすごく楽しいんです!

どんなデートであれ、同じお店ばかりでは飽きてしまうものですが「いつも、ここばっかりじゃん!」ではない限り、“サイゼでデート”は、愛を温める極上の食事デートが楽しめます。

ちなみに「サイゼ」の正式名称は「サイゼリヤ」で、「サイゼリア」ではありません。

(1)サイゼのワインは安くておいしい

例えば、サイゼのワインは「安くておいしい」とSNSなどでも評判です。

イタリアンデートでは「ワインは、欠かせないお供!」というカップルも少なくないだけに、コスパ良くおいしいワインがいただけるならば、活用しない手はありません♡

(2)ワインに合うつまみ系メニューも充実

さらには、ワインに合うおつまみ系のメニューも充実しているのが、サイゼの魅力でもあります。

ファミレスながら、定食系や主食系のメニューだけでなく、お酒と一緒に楽しめるちょっとした一品料理があるから、デートスポットとして重宝します。

昼間からサイゼで飲みまくるデートもコスパ良く楽しめちゃうというわけですね〜。

 

2:サイゼでワインに合うおすすめメニュー・赤ワイン編

それではさっそく、まずはサイゼで赤ワインに合うメニューを8選ご紹介していきましょう。

(1)『プロシュート』(399円)

なんとワンコイン以下で、イタリアのパルマハム認定協会が認めた品質の生ハムが楽しめることから、大人気のメニューです。

生ハムと赤ワインの相性は、言うまでもなく抜群!

(2)『チョリソー』(399円)

スパイシーな味わいのソーセージと、赤ワインの相性は絶妙。

付け合わせにはポテトが付いてくるので、ちょっと小腹が空いたときのおつまみにもイチオシです。

(3)『辛味チキン』(299円)

赤ワインのお供として、定番とも言える「お肉」は、ワインと共に是非オーダーしたいサイドメニュー。

カジュアルなデートなら、チキンを頬張りながらワインを楽しむのもおしゃれです。

サイゼの『辛味チキン』は、マイルドな味付けにこだわっているから、辛味の強い食べ物が苦手なカップルでもトライしやすいはず。

(4)『野菜ソースのグリルソーセージ』(399円)

旨味が強いソーセージをグリルし、野菜ソースを添えた一品です。

野菜ソースと一緒にいただくと、ソーセージの旨味がグッと引き立ち、あとをひくおいしさ。

彼とシェアしながらモグモグしたい♡

(5)『柔らか青豆の温サラダ』(199円)

最高級グレードの「ベビーピー」を使用した青豆メインのサラダは、ヘルシー志向の女子でも食べやすい味付けです。

お豆類と赤ワインの組み合わせは、“ダラダラ飲み”の鉄板おつまみにもなって、便利です♡

(6)『ほうれん草のソテー』(199円)

ほうれん草の旨味を活かしつつ柔らかくソテーしたメニューは、赤ワインのお供にぴったりのサイドメニュー。

ほうれん草とパンチェッタのハーモニーが絶妙で、ちょっとした“箸休め”的にも手を伸ばしやすい味わいです。

(7)『熟成ミラノサラミ』(299円)

赤ワインが進むおつまみの定番でもある“サラミ”は、ちょい飲みするシーンでもぜひ頼みたいメニューです。

塩加減と柔らかさが絶妙で、赤ワインがクイクイ進んでしまいそう。

前菜的な一皿としても、おすすめです。

(8)『パンチェッタのピザ』(399円)

小腹が空いたシーンでの赤ワインのおつまみと言えば「ピザ」もおすすめ!

パンチェッタのピザは、歯ごたえのいいパンチェッタが香ばしくて食欲をそそります。

思わずワインも、グイグイ進む! 彼とシェアしながら、仲良く食べたい一品です♡

 

3:サイゼでワインに合うおすすめメニュー・白ワイン編

続いては、白ワイン編です。

サイゼで白ワインを頼むなら、絶品おつまみもセンス良くセレクトしたい♡

(1)『エスカルゴのオーブン焼き』(399円)

白ワインとの相性がいいエスカルゴがワンコイン以下で楽しめるなんて、「さすがサイゼ!」としか言いようがありません。

発酵バターとガーリックがきいた本格的な風味は、ワインと一緒にいただくとよりリッチな味わいに。

エスカルゴの生々しさも感じにくい味付けなので、「エスカルゴ初挑戦!」な彼にもぜひ食べさせてみて。

(2)『イカの墨入りスパゲティ』(499円)

水の都ヴェニスの名物料理である『イカ墨スパゲティ』は、白ワインとの相性抜群のパスタ料理です。

がっつりいただくというよりも、ワインのお供に少しずついただく“おつまみ風”の食べ方もおしゃれです。

オリーブオイルを垂らしていただくと、また風味が変わり、より濃厚な味わいに。

(3)『ムール貝のガーリック焼き』(399円)

野菜を使った味わい深いソースとムール貝のコンビネーションが絶妙なメニュー。濃厚な貝の風味と、さっぱりしたソースが白ワインによく合います。

殻つきの貝って、デートのテーブルにあると地味にテンションが上がる♡

(4)『ポップコーンシュリンプ』(299円)

ちょっとジャンキーなおつまみと白ワインを合わせるなら、『ポップコーンシュリンプ』がおすすめです。

エビは白ワインによく合う食材としても知られているので、カジュアルながらも本格的なコンビネーションが楽しめる組み合わせです♡

おしゃべりの合間につまむスナック的な頼み方もできちゃいます。

(5)『キャベツとアンチョビのソテー』(199円)

キャベツとアンチョビの組み合わせは、塩気と甘みが絶妙に組み合わさっているから、おつまみとしても鉄板!です。

白ワインとアンチョビって驚くほどよく合うので、ワインがぐんぐん進むヘルシーなおつまみとして女子でもセレクトしやすい♡

(6)『真イカのパプリカソース』(199円)

釣った直後の新鮮なするめいかを船内で急速冷凍させる「船凍イカ」を使っているフレッシュな味わいが、本格的な一品料理。

「弾力があるのに柔らかい」食感にこだわって作られているので、イカ独特の固さが苦手な人でもオーダーしやすいです。

白ワインとイカの相性は、言うまでもなく抜群……♡

(7)『フレッシュチーズとトマトのサラダ』(299円)

水牛のミルクを100%使用したフレッシュチーズが、本格的な味わいです。

トマトとの相性も良く、白ワインと合わせると爽やかな風味が楽しめます。

さっぱりとした味わいも魅力で、さらに見た目も涼しげなので、夏デートでもオーダーしやすい♡

(8)『野菜ときのこのピザ』(399円)

白ワインと合わせるならこってりしたピザよりも、さっぱりとした味わいのピザ!と言えます。

特製の野菜ソースを使った『野菜ときのこのピザ』は、たっぷりのチーズときのこのハーモニーが絶妙で、白ワインの風味を邪魔しない味わいです。

彼とシェアして、ワイワイいただきたいメニュー。

 

4:ランチもおすすめ!サイゼの絶品ランチメニュー

ところで、サイゼはランチも人気があります。

そこで、サイゼで味わえる絶品のランチメニューを4選ご紹介します。

(1)『ミラノ風ドリア』(299円)

サイゼと言えば外せない絶品メニューが『ミラノ風ドリア』!

創業以来続くこだわりの味は、ファンも多い定番メニューです。

コクがあるのに、しつこすぎずにキレのある味わいが、お腹が空いたときのランチにもおすすめ。

半熟卵が加わった『半熟卵のミラノ風ドリア』(368円)も、がっつり食べたいシーンでイチオシの絶品メニューです。

(2)『ハヤシ&ターメリックライス』(499円)

薄切りの牛肉と玉ねぎを煮込んだトマト風味のメニューは、がっつり食べたいランチでも満足度が高い絶品料理です。

ターメリックライスとトマトソースの絶妙なコンビネーションが、あとをひくおいしさ。

女子でもぺろっと平らげられる、ほどよいボリュームも高ポイント。

(3)『カルボナーラ』(499円)

リッチな卵の風味が楽しめる本格パスタなのに、ワンコインでいただけるという太っ腹メニューです。

パンチェッタの塩気が、ほどよいアクセントになっていて、こってりした味わいが苦手な人でも、食べやすい絶妙な味付けです。

たっぷりのコショウをあわせて、スパイシーにいただいても美味しい!

(4)『ミートソースボロニア風』(399円)

牛肉の旨味が楽しめるジューシーなミートソースは、ランチにも人気の定番メニューです。

たっぷりの粉チーズをかけていただくと、こってりした味わいがより深まります。

別メニューの『削りたてペコリーノチーズ』(100円)との組み合わせも絶妙♡

好みによってアレンジしやすいので、ランチメニューとして飽きがこないのも魅力です。

 

5:サイゼリヤデートを満喫しよう♡

サイゼリヤでのデートは、カップルにとっては、コスパ良くイタリア料理を満喫できる素敵な時間になるはず。

給料日前でお財布が寂しいときの強い味方になるだけでなく、デイリー使いしたいデートスポットでもあります。

「今日、何食べよっか~」なんて迷ってしまったら、ふたりでサイゼにGO♡

みなさんも、サイゼデートで愛を温めてみてください。

 

※記事中のメニュー・価格は全て2018年7月現在サイゼリヤ公式HP記載のものです。価格は全て税込み。HPに「一部店舗にてメニュー、および提供価格を変更して提供しております。」という断り書きあり。