毎日あっという間に時間が過ぎて「1日24時間じゃ足りない!」と思うことがありませんか? では世の人々にとって“時間が足りない”と思う理由はいったい何でしょうか?
今回は、メディプラス研究所が運営する『オフラボ』が男女各70,000人を対象に実施した「ココロの体力測定2017」の結果から理由を検証してみましょう!

女性が“時間がない”理由1位は「子どもの世話」!

調査では「時間が足りない状況をつくっていること」を尋ねました。すると女性の回答は、

5位・・・TV・動画視聴のながら見(36.2%)

4位・・・ネットをだらだら使う(37.4%)

3位・・・毎日の献立を考えること(38.5%)

2位・・・家事をする(56.3%)

1位・・・子どもの世話(58.8%)

と、トップ3がすべて家事・育児関係に!

子どもの世話や家事は1日のうちかなりの時間を取られる作業。「手伝ってくれる人がいたら……」と切望する女性も多いのではないでしょうか。

時間が足りないと思うとイライラしたり、ストレスにつながることもありそう。家事や育児は必要なことですから、まずはテレビやネットなどで無駄にしている時間を削ることが先決と言えそうです!

“高ストレス女性”“低ストレス女性”…時間の使い方の違いはどこに?

同調査では、女性のストレスレベル別で時間の使い方の傾向(癖)についても尋ねました。すると、「高ストレス女性と低ストレス女性の時間の使い方(癖)TOP5」は以下のようになりました。

<高ストレス女性>

5位・・・10分休憩するつもりがいつのまにか雑談で30分経っている時がある(48.9%)

4位・・・掃除を始めると気になるところが出てきてどんどん範囲が広がってしまう(50.8%)

3位・・・ダラダラとネットをみてしまう(51.9%)

2位・・・TVや動画視聴で、時間を使ってしまう(57.3%)

1位・・・他人に頼むのが苦手(62.6%)

どうやら、計画性に欠けた行き当たりばったりの行動が多いようです。そして、人の手を借りることが苦手な人が多いことも判明しました。

では低ストレスの女性はどのように時間を使うのでしょうか?

<低ストレス女性>

5位・・・仕事の順番はこなせる順で行う(42.7%)

4位・・・1日の中で、休息を計画的に取り入れている(44.9%)

3位・・・帰る時間を決めている(47.0%)

2位・・・物を探さないように整理整頓を心がけている(47.8%)

1位・・・予定を詰め込まない(53.5%)

結果を見ると、低ストレスの女性は、時間の使い方が計画的でスムーズなよう。自己管理をしっかり行い、時間の使い方を計画して守ることで、ストレスレベルが格段に下がりそうです!

働く女性が実践する“時間を無駄にしない方法”

前項の“高ストレス女性”の時間の使い方に身に覚えのある人も多いでしょう。同調査の結果からは、時間に関するストレスを減らすためには何事も計画性を持つことが大事であると分かります。

筆者周辺の働く女性数人に“時間を無駄にしない方法”を聞いてみたところ、以下の答えが返ってきました。

「ソーシャルメディア(SNS)は使わない」

「LINEなどで無駄なメッセージ交換をダラダラしない」

「雑談やネットとスマホの使用は休憩時間のみ」

「仕事中に空想するのをやめて集中する」

「同時にいろいろなタスクをするのをやめた」

筆者も以前は時間を無駄にしがちでしたが、毎晩翌日の時間表と“やるべきこと”のリストを作り、達成したものから消していくことで、ストレス度が下がりました。

また上述の調査で“女性の時間が足りない理由”の3位に入った「毎日の献立を考えること」については、筆者の場合、食材の在庫を駆使した1週間~10日分の献立を事前に考えておくことで解消しました。

いかがでしたか?

「Time is money(時は金なり)」とはよく言ったもの。効率の良いタイムマネージメントを通じて、ストレスレベルを下げる努力をしてみてくださいね!

(ライター 相馬佳)

【参考】

ココロの体力測定2017【時間の使い方編】- メディプラス研究所

あわせて読みたい