目元って、メイクで一番変えることができますよね。そのため自己流のアイメイクを考えたり、コンプレックスを隠すために日々研究をしている人もいるでしょう。

しかし中にはやりすぎアイメイクにより、結果的に不自然になっている場合も……。

そこで今回は「男子がドン引きする『アイメイク』」についてご紹介します。

1、 太眉

・「前まで細かった彼女の眉毛が、いきなり濃い太眉になった。なのに目元のメイクは薄くなったから、眉毛だけ浮いて見えてしまって……。ちょっと違和感があります」(27歳/製造)

太眉

ここ数年流行の太い眉毛。一見自然で男性ウケするのかと思いきや「やぼったく感じる」「手入れしていないボサボサ感がある」と不評なよう。やはり眉毛はある程度お手入れして、清潔感があるほうが好まれるようです。

メイクはナチュラルが良いくせに、眉毛はそのままじゃダメなんて、女性からするとちょっと面倒くさいですよね……。

2、 よくばり二重

・「たまにギョッとするような二重を作っている子っているよね……。どう考えてもおかしいし、アイプチやめればいいのに……って思っちゃう」(33歳/公務員)

どんなに鈍感な男性でも、さすがに不自然なアイプチやアイテープには気付くもの。しかもそれが自分の目に合っていない、幅広の二重だと男性陣もビックリしてしまいます。

また女性はパッチリ二重に憧れる傾向にありますが、男性はそこまで目元を気にしていない場合が多いみたい。自分の目の形に合ったメイクをしたほうが、意外とウケは良いのかもしれません。

3、 とにかくギラッギラ

・「瞼の上下がギラギラしている女子! 『目の上すごいことになってるな~』って思うし、ギャルっぽくてあまり好きじゃない」(29歳/営業)

目元をキラキラさせると、何となくテンションが上がりますよね。でもあまりにもギラギラしすぎていると、一気に派手な印象に。特に涙袋をプックリ見せるために白ラメなどを入れると、それだけでケバくなってしまうようです。

またそのラメが飛んでほっぺたについてしまい、清潔感のない印象を与えてしまうことも。ラメは粉飛びしやすいからこそ、気持ち少なめが良いのかも。

もし物足りなく感じたら、出先でメイク直しをする際にササッと付け足すようにしましょう。

おわりに

メイクで印象を大きく変えられる目元は、裏を返せばついやりすぎてしまう恐れがあるということ。

どんなにデカ目に見せたかったとしても、何事もほどほどにするべき。

その方がメイク崩れも防げるため、キレイな目元に仕上がるはずです。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)