好きになった人とさくっと、付き合える女子もいれば、
もう何年も片思いしかしていない女子もいると思います。

好きになった人とさくっと、付き合えるというのは、
運や縁もあれば、タイミングもあります。
つまり、目に見えない力に支配された結果が良好だったということ。

だから、どんなに理屈をこねても、どんなに綿密に計算をしても、
付き合えないときは付き合えない、という身も蓋もない話になりかねないのですが、
一方で、多くの人の経験則から言える「恋の成功率をUPさせる方法」なるものがあります。

今回はその方法についてお届けしたいと思います。

①何事も物事の流れに素直に従う

恋愛においても、仕事においても、何事も物事の流れに素直に従ったほうがうまくいく。
これは多くの人が言っていることです。

恋愛だと、彼と出会ったその日に、もしくは何度か会っているうちに、
この男子は、きっとあたしのことが好きなんだろうな……と、分かる瞬間があるはずです。

あるいは、あたしはこの人のことが好きになってしまった、
この彼に恋していることを認識する瞬間があるはず。

その瞬間をうまく捉えて、そこでグッとアクセルを踏めるかが、
恋の成功率をUPさせるひとつの方法だと思います。チャンスを逃さずゴールを決めるのです。

②恋の成功率が低い人は、アクセルを踏むときに踏んでいない

逆に言えば、恋の成功率が低い人は、アクセルを踏むべきときに踏んでいないのです。

これを拡大解釈すれば、とにかく数を打てばどうにかなる、とも言えてしまうのですが。

数を打つ……手当たり次第に相手を好きになりまくればいいということでは決してありません。
自分の「好き」という気持ちに敏感になっていれば、
「おのずと」数を打てるようになるのではないでしょうか。

好きという気持ちに蓋をしてしまうと、
(当たり前のことですが)恋愛なんて始まらないですね。

③事故が起こったらどうする?いえ、事故は起こってもしかたない

自分の気持ちに素直に行動した結果、事故が起こったらどうするのか?

事後が起こると不安だから、アクセルを踏んで、数を打つことができない……
こんな考えをお持ちでしたら、いっそのこと、事故が起こってもしかたないと割り切ってみるといいと思います。

世の中、たいていの場合、想定していた最悪の結果と、最高の結果、その中間くらいの結論しか出ないようになっています。

人の勘や感覚は、そんなに愚かに外れるわけでもないし、極めて優れているわけでもないので、
想定したものの、ちょうど真ん中くらいの結論が出ます。

真ん中というすごく中途半端なところから、
どうやってストーリーを描いていくのかを考えるのは、誰にとってもすごくしんどいこと。

でもこれだって、感覚で歩いているうちに、どうにかなるものです。

自分の感覚に素直に行動した結果、彼氏ができたとなれば、それは非常に大事にするべき彼氏です。
かけがえのない「あなたの感覚」がハントした相手だからです。

誰もが持っている基準や、誰かに言われた理屈でハントした彼氏とは比べ物にならないくらい、非常に価値のある相手です。

まずは自分の感覚を信じて、素直に行動を起こすところから、成功率の高い恋愛が始まります。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)