オンナ目線のキュレーションサイト

つらいけれど…彼氏と別れを選択するべき状況4つ

恋の始まりは運命を感じさせるものだったのに、突然2人の関係がうまくいかなくなることもしばしば。私達の恋愛って、いつもおとぎ話のようにはうまくいかないものですからね。今回は、2人の関係がうまくいかないときに見極めたい、つらいけれど別れを選択するべき状況をまとめてみました。

別れを選択するべき状況

喧嘩が絶えない

どんなカップルでも喧嘩になることはあります。しかしその喧嘩の仕方には良し悪しがあるのです。良い喧嘩の場合、言い合いになったときにお互いがそれぞれの意見を理解しようとする姿勢があり、問題を解決していくために前に進んでいるという実感を得ることができます。
しかしその一方で、悪い喧嘩の場合はひたすら相手を傷つけるようなことをお互いに言ってしまったり、片方が仕方なくパートナーの意見に従うといったもの。後者の悪い喧嘩ばかりを恋人と続けているというあなたは、2人の関係にひとまずお休みが必要でしょう。

あなたばかりが2人の関係を保つために努力している

2人の関係をキープするために、あなたばかりが頑張っているという状況は良い状況とは言えません。デートの計画をあなたが一生懸命立てたのに彼は文句を言うだけ、もしくは直前になってキャンセルされるなんてことが続いていませんか?
また、彼の夢をあなたは全力で応援しているにもかかわらず、あなたの夢には彼は興味すら抱いてくれないなんてことはありませんか? 2人の関係を長続きさせるためには、お互いの努力が必要不可欠なのです。

恋人が困った問題を抱えている

「いつかは良くなるはず」と期待を持っていても、なかなか良くならない問題をパートナーが抱えているということはありませんか? 例えば仕事が続かない、金遣いが荒い、お酒やギャンブルの癖が直らないなどの問題です。
これらの問題はあなたがなんとかしようとしても状況が良くなるわけではなく、結局は本人が変わりたいと思わなければなにも状況は変わらないのです。
もちろん、あなたがサポートすることは可能ですが、彼自身が変わるための第一歩も踏み出さないようでは、今の状況が改善されることはまずないと言えるでしょう。

彼の将来のプランにあなたがいない

彼があなたのことを大切に思っているのであれば、将来の話をしたときに彼がその話を濁したりするようなことはありません。そして彼が将来の話をするときには、そのプランのなかに必ずあなたの存在があるはずなのです。
1年以上交際しているのに、彼との今後の将来プランがまったくわからない、話にもあがらないという場合には、彼の方が結婚や家庭を持つことをほとんど考えていない可能性が高いです。
もし、あなた自身が結婚や家庭を持つことを望んでいるとするならば、今の彼ではない人と幸せになるべきです。