セックスレスは、夫婦間に限らず、同棲中のカップルにも起こりうる問題です。

そのデリケートさゆえ、何の対処もないままにしている場合が少なくありませんが、ズルズルと解決を先延ばしにしてしまうと浮気や破局の原因にも…。

今回はセックスレスについての対処法をまとめてみました。

■寝室を別々にしない(いっしょに寝る)

同棲とは言え、それぞれ自室があったり、彼のイビキや寝相が悪くてゆっくり熟睡できない、寝る時間帯が合わない、などの理由でいっしょに寝ていないカップルもいるでしょう。

でも、いっしょに寝ていれば自然な流れでセックスに誘導できても、別室となるとわざわざ相手の部屋に行ってお誘いをする必要があります。それがだんだんと面倒になってしまうと、残念なことにセックスレスに繋がります。

いっしょの布団でくっつきあって寝るだけでもスキンシップになり、その気になれるというものなのです。

■魅力的なランジェリーで誘惑

時にはいつもと違った魅力的なランジェリーを着てみましょう。多くの男性が、黒や赤という下着の色に興奮や情熱を感じるのだとか。

ふだんは白やパステルカラーの下着をつけている女性が黒や赤を身につけていたら、彼もそのギャップに興奮するでしょう。逆もしかりで、ふだんから黒などのセクシー系なら、たまには清楚な純白というのもアリです。

照れくさかったり、引かれたりするかな…と思う気持ちから、なかなかチャレンジできないかもしれませんが、そうした努力や恥じらいの姿にも彼は萌えてくれるでしょう。

■マッサージでスキンシップ

セックスレスになる原因のひとつに、カップル感のコミュニケーション不足やスキンシップ不足が挙げられます。例えば、相手を思いやる「お疲れ様、いつもありがとう」などの一言や、軽いボディタッチなどが二人の仲を深める重要なポイントになるのですね。

その自然なスキンシップの誘導としてぜひ活用したいのがマッサージ。性欲が低下してしまいがちな疲れた体を癒す効果も高く、マッサージの流れでイチャイチャからセックスに移行していくのも良いですね。

■だらしない姿はほどほどに

男女がいっしょに住み始めると、だんだんと素が出てくるもの。スッピン&ジャージ姿は楽チンですが、定番になると危険です。

気の緩みや油断で、そのうちだらしない姿を晒すことに…。それが続くと、恋人との同棲のはずが、単なる同居人という意識に変わってしまうかも!相手への異性感情が薄れるとセックスレスになりやすくなります。

24時間ずっと気を遣うのは大変ですが、どこかしらに可愛らしさをキープできていればOKですよ。

まとめ

セックスレスになってしまうのは、相手を手に入れたという安心感や油断、慣れ合いの気持ちから来ています。

もう色っぽい気持ちになれないとか面倒くさいというケースもあるでしょう。

でも、セックスは恋人同士や夫婦関係において愛の潤滑油のようなもの。彼との今後を前向きに考えているなら、早めにセックスレスについて真剣に向き合うべきです。

愛あるセックスを阻む障害をしっかり克服して、二人の関係をより良いものにしてくださいね。(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)