結婚って、なんだかんだでとてもイイものです。だって、いつもそばに自分のことを一番に理解してくれている人がいるのですから。
でも、そうは言っても夫婦は実の親子のように血が繋がっているわけではありません。あくまでも他人なのです。だからこそ、お互いに協力し合う姿勢を忘れないことが大切なのですが、時としてそのことを“忘れて”しまうこともあるようです。
そうなると、心がたちまち不満で満ちてしまうことも。そしてその不満は、あなただけに訪れる特別なものではなく多くの既婚女子が経験しているものだったりして――?

既婚女子が抱える不満とは?

(1)親戚付き合いのこと

「親戚付き合いって、どこまで踏み込んでいいものなのかが難しい。自分の親戚ならそこまで気をつかわなくてもいいけど、旦那の親戚となると話は別なので。毎回、旦那は気を回してくれるタイプではないし、それで胃が痛くなる思いです」(フリーランス/30歳/女性)

▽ 親戚との付き合いによってストレスを感じる人はとても多いようです。年齢も様々なことが多いコミュニティでしょうから、話を合わせるだけでも大変なのでしょう。
それについてはある程度の予想もできますし、よくわかっているので多少のことなら頑張れるのですが……やはり許せないのは“パートナーのフォローがない”ということ。これはコミュニティに順応するために奮闘する女性のような細やかさに欠ける、男性ならではの弱点だと言えるかもしれません。

(2)家事に追われて自分の時間がないこと

「家事をやっていると、自分の時間なんて全く取れません。仕事を終えて家に帰ればすぐにご飯の支度をしなきゃいけないし、洗濯も掃除もしなければならない。そのせいで、いつも頭はフル回転……。はっきり言って手一杯です」(ネイリスト/28歳/女性)

▽ 独身時代には、自分のために使える時間が多くあったと思います。しかし、既婚後はなかなかそううまくはいきません。
ちなみに筆者は時間の使い方がヘタなため、スキンケアの時間まで取れなくなってしまいました。しかし、ひとりで抱え込みすぎては状況を打破することが難しくなってしまいますので、やはりムリのしすぎは禁物です。

(3)金銭的な余裕がないこと

「自由に使えるお金があまりないということが不満に感じる点です。ストレスが溜まっても、独身の頃のように買い物をしたり旅行にも行けません。既婚女子は飲み会にも誘われなくなるので、ストレスは溜まる一方ですよ」(販売/27歳/女性)

▽ 食費・水道光熱費・交際費……必要な分だけお金を振り分けてみると、「ギリギリしかないじゃん!」となることも結婚あるあるではないでしょうか。独身生活を謳歌していた人ほど、このギャップに悩まされているのかもしれません。

生活のリズムやスタイルが大きく変わることも、ストレスを生み出しやすくしている原因のひとつなのかもしれません。いずれにせよ、不満が大爆発しないように随時上手に発散していきたいものですね。