あなたがスケベだと彼にバレるパターンは3つあります。

これ、「バレないように気をつけましょう」ということを言いたいからご紹介するのではなくて、「バレたほうがおふたりにとって絶対にいいです」と思うのでご紹介します。

バレたほうがなぜいいのか、というのは後から説明するとして、とりあえず3つのパターンを一緒に見ていきましょう。

■「クローゼットを開けたら」系

ことさら彼があなたに内緒であなたの部屋を探し回らなくとも、ふとあなたがクローゼットを開けた瞬間に「クローゼットの奥のほうにあるあの分厚いマンガ、それって女子向けのエロいやつ?」みたいな感じで、あなたがエロ漫画を所持しているのが彼にバレたり。

おとなのおもちゃも同じです。どんなに慎重に隠し持っていても、見つかる時はなぜか見つかるんですよね。

クローゼットを開けたらとか、引き出しを開けたらとか……彼に悪意がなくても見つかってしまうことがあるからね。でも「偶然」見つけられて「おれの彼女はエロい」と彼に思われたら、それはそれでラッキーですよ。

■「友達の評判から」系

「この前の女子会で、わたしは超エロいってみんなに言われた」などと、女子って彼氏の前で「友達に言われたことにして」「自分はエロい」というのを遠まわしに言いますよね。

自分から言いたくない場合であっても、あなたの女友達とあなたとあなたの彼氏の3人で会っているとき、女友達は遠慮することなく「お前はエロいから」とかと、

あなたのことをお前呼ばわりして、しかも「エロいから」と断定してくる人っていますよね。そういうのを目撃してしまった彼は……。

■「彼氏との何気ない会話から」系

どんなに「わたしはスケベです」というのを隠していても、彼氏とのふとした会話の中で「わたしたちも目隠し使ってみたい」とか「たまにはひと晩に5回イキたい」とかと言っちゃうと、もれなく彼氏にあなたがエロいことがバレますよね。

ちなみに「コスプレしたい」と思っている女子って多いと思うんですが、「コスプレ好きの女子はエロすぎる(男よりも性欲が強いこともある)」というのを知っている男子ってけっこういます。

いかがでしょうか。

あなたがスケベだと彼にバレたほうがいい理由は、ヤリたいことを我慢しないでやりたいだけやる、というのが誰にとってもしあわせだからです。

よく「恥ずかしくて彼に言えない」と言っている女子がいますが、そういうの、我慢する必要なんてないし、恥ずかしいと思う必要もないんですよね。

「今日はこういうことをやってみたい」とか「今夜は4回イカされたい」とか、あなたがしたいことを素直に彼に伝えること、つまりみずからのスケベさを彼に隠さないで見せてあげること。

それをしないとカップルは簡単にセックスレスに陥るから。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)