ワンコのかたわらで、のんびりと寝そべるニャンコ。雪の残る山々を前にしたテントの中でも、雪の降り積もった山道の上でも、まるで自宅のように仲良くくつろいで過ごしています。

ワンコのヘンリー(Henry)とニャンコのバルー(Baloo)は、どこへ行くにも、どんなときにもいっしょの大大大親友。そんな2匹を連れて、大自然に抱かれるキャンプやハイキングなどのアウトドアを楽しんでいるのは、コロラド在住のシンシア(Cynthia)さんとアンドレ(Andre)さんです。

そんな一家の大冒険の毎日を、少しのぞいてみましょう。

【いつも一緒の2匹】

2匹と2人が大自然の中でアウトドア生活を満喫する様子が見られるのは、ヘンリーとバルーのインスタアカウント(@henrythecoloradodog)。フォロワー数は、なんと76万人以上!

Instagram Photo

バックパックを背負ってのハイキングや湖でのカヌーイングなど、アウトドアのアクティビティをこよなく愛するシンシアさん&アンドレさんの2人は、大切な家族であるヘンリー&バルーをいつも一緒に連れて行きます。

ワンコはともかく、ニャンコをアウトドアに連れて行くとなると、体力的な面など少し心配になりますが……大丈夫。小さなバルーが疲れたら、ヘンリーが背中にのせて歩くのです。

枯れた平原でも、乾いた砂漠でも、雪の残る山道でも、2匹が一緒にいればどこにだって行けちゃう!

Instagram Photo
Instagram Photo

ヘンリーの頭の上で、すっかりくつろいでるバルーが可愛いよ〜っ♡

【Henryと2人の出会い】

ヘンリーは、生後3ヶ月の頃に保護施設からシンシアさんとアンドレさんに引き取られました。出会ってすぐに、ひざの上に乗ってくるほど人懐こかったヘンリー。2人と1匹は、さっそく一緒にハイキングへと出かけます。

Instagram Photo

はじめての山道にもかかわらず、険しい岩山の上にも怖がらずに飛び乗って景色を楽しむヘンリー。その姿を見て、2人は「この子はずっと私たちが待ち望んでいた子だ」と、確信したのだそう。

以来、どこへ行くにもヘンリーは2人と一緒。出かけるたびに、アウトドアをどんどん好きになっていったそうです。

【子猫のBalooとご対面】

その後、ヘンリーにも友だちが必要だと考えたシンシアさんとアンドレさん。猫を家族に迎えようと決め、3ヶ月かけて探した末に出会ったのがバルーでした。

バルーとヘンリーの仲がうまくいくかどうかと、最初は心配もあったそうですが、2匹はあっという間に仲良くなりました。ヘンリーを散歩に連れて行くときは、バルーが自分も連れて行ってくれと鳴くほどなんですって。

Instagram Photo

ほどなくしてハイキングデビューしたバルー。道中、はじめて一緒に出かけるバルーの様子を、ヘンリーはずっと気にかけながら歩いていたんだそう。そのおかげか、バルーは驚くほどすんなりと冒険ファミリーの一員になったのでした。

ぴったり寄り添う2匹の写真を見ていると、絆の強さを感じますよね。

【これからも、ずっと一緒に】

この子たちと、ずっと一緒に冒険するのが私の夢」というシンシアさん。

Instagram Photo

もちろん、ワンコやニャンコの寿命は人間に比べるとうんと短いです。だからこそ、できるだけ長い時間を一緒に過ごしたい――アウトドアを楽しむ2匹と2人の姿は、ペットと人間の関係として、理想のうちのひとつかもしれません。

これからもたくさん冒険して、その風景や思い出を私たちに見せてほしいです!

参照元: Instagram @henrythecoloradodog, Our Wild Trails
執筆=森本マリ (c)Pouch