シミやそばかすを隠すために、コンシーラーが手放せないという女性も多いのではないでしょうか? 一口にコンシーラーと言っても、さまざまなタイプ、カラーの商品が発売されています。そこで今回は、コンシーラーをタイプ別でご紹介。効果的な部位を理解して、正しく使用しましょう!

リキッドタイプ

リキッドタイプのコンシーラーは、伸びがよく肌に密着しやすいのが特徴です。顔の中でも特に皮膚の薄い部分である目元や、崩れやすい小鼻周りに使用するといいでしょう。リキッドタイプのコンシーラーは、指やブラシ、スポンジで馴染ませましょう。
コンシーラーを塗った部分の周りを優しくポンポンと押さえることで、少量のコンシーラーで隠すことができます。目元のクマを隠すときに最適なリキッドタイプのコンシーラーは、クマの質によってカラーを変える必要があります。
青クマさんならオレンジ系、茶クマさんならイエロー系、黒クマさんならベージュやオークル系がおすすめです。

スティックタイプ

スティックタイプのコンシーラーは、手軽にさっと塗ることができるためメイク直しにもぴったりです。気になる部分を押さえるようにオン。それだけで、かなりのカバー力を発揮してくれます。
硬いテクスチャーのスティックタイプのコンシーラーは、カバー力が高い代わりに崩れやすさも目立ちます。そのため、おでこや頬など顔の中でも比較的皮膚の動きが少ない部位に使用するとよいでしょう。
また、しっかり肌に密着するのはいいのですが、伸びが悪いのもスティックタイプのコンシーラーの特徴です。上からフィニッシュパウダーを乗せる際は、コンシーラーを肌に馴染ませてから乗せることで、コンシーラーが肌から浮いた印象になるのを防ぐことができます。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプのコンシーラーは、小さなシミやほくろに塗りやすく、ピンポイントで隠したい部分がある方におすすめです。折れにくいペンシルタイプのコンシーラーは、ポーチに入れて持ち歩くのも安心。
液がこぼれ出たり、コンシーラーのフタが開いてポーチの中が汚れたりする可能性も低いでしょう。しかし、鉛筆のような描き心地のため、付けるときに刺激を感じることも……。広範囲でカバーしたいときは、極力ペンシルタイプは避けるべきです。

パレットタイプ

コンシーラーは通常1色で販売されていますが、パレットタイプのコンシーラーは複数色入っていることが多いため、肌の悩みに合わせて使うことができます。数色のコンシーラーを混ぜて使ったり、肌のコントラストを出すために色を使い分けたりすることができるため、メイク上級者向けのアイテムだといえるでしょう。
1色のコンシーラーを使った場合に比べて、いくつかの色を使うことでナチュラルに仕上げることができます。パレットタイプは持ち歩くには不向きですが、可愛らしいパッケージの商品も多いため、1つは持っておきたいアイテムですね!

コンシーラーでコンプレックスとサヨナラ!

肌トラブルが起きたり、目元のクマやシミに悩んだり……。肌の調子が悪い日は、特にそれらが目立って見えてしまうものです。このように、肌の状態に悩んでいる女性は、コンシーラーを味方につけることでそれらの悩みを解消できるはずです。
さまざまなタイプやカラーのコンシーラーを使い分けて、コンプレックスとサヨナラしましょう!